今は「もりみず」真っ只中です!で、もりみずって何よ?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日はどんよりした天気です。でも雨は降っていません。
山の方に雨が降ってくれないと、ホントにマズイ事態になっちゃうな~。

「森と湖に親しむ旬間」略して「もりみず」です。

7月21日~31日「森と湖に親しむ旬間」、通称「もりみず」として、全国各地の湖畔やダムなどで森林学習やダム見学などのイベントが行われるんです。
先日行ってきた鬼怒川方面のダムでも、天端に横断幕が掲げられていました。

0072601▲この横断幕も期間中にしか見られない「レア」なものです。
(ここは湯西川ダムの天端です。キレイでしょ~。)

この期間は各地のダムで内部の見学をさせてくれたり、普段は立ち入り禁止の場所も案内してくれたりします。
31日は鬼怒川上流4ダム(川治・五十里・湯西川・川俣の各ダム)で内部の見学ができるそうです。
神奈川の宮ヶ瀬ダムは30・31日に見学会があるらしいですけどね。

もし興味のある方はぜひ足を運んでみて下さいね。
でもね内部が見られなくてもダムの魅力は他にもいっぱいあるけどね。

マジでみんな節水しよう。

こないだダム巡りをしてきましたが、ダム湖の渇水状態はかなり深刻です。
目視で貯水率30%程度しかないんじゃないかな~?と思われます。
写真を見てもらえば状態は明らかです。

007260200726030072604▲どこのダム湖もこんな感じです。ちょっとビックリしました。
テレビで見るより渇水状態がよりリアルに伝わりました。

このまま水を普段通りに使い続けたら、真夏に取水制限がかかるでしょうね。
今でも10%の取水制限がかかっているところもありますから。

その後に心配されるのが農作物の問題です。
真夏に水がなければ、農作物には大きなダメージになります。
美味しい新米が食べられなくなってしまうかもしれないんです(泣)
今は取水制限はかかっていないですが、今から節水を心がけないとマズイですよ。

ダム巡りを楽しんではきましたが、現実も目の当たりにしました。
そして「ダムってやっぱり役に立ってるじゃん」って。

自然破壊だ、ムダだ、と揶揄されるダムですが、もしダムがなかったら今の状態でも間違いなく水はなくなってますよ。
これはホントにそうなんです。
これでダムをちょっと見直してもらえたら。なんて思っています。

みんなで節水を心がけましょうね。
そしてこの期間は「もりみず」ですのでお忘れなく!
ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket