*

ココロとカラダとビジネス視点。欠かさないようにするためには?

こんにちは。講習二日目のサイモン山田です。
やっぱり講習は自分にとっても最高に学びになります。
自分のスキル、今日もどんどん全開で出しちゃいますよ!

どれも大切でどれも欠かせない。バランス感覚が大切。

昨日の講習でもお伝えしたことではあるんですけどね。
人のカラダを触る時に施術者自身がある程度フラットな状態にいないとそれが相手にも伝わってしまうんです。

例えば患者さんの治療をしている時にスタッフの対応が悪くイラッとしてしまった。
そんな時、治療家のココロはザワザワしています。
これはエネルギーレベルが下がっている状態です。
こんな状態の時にいい治療を提供するのはけっこう難しいんです。
そのエネルギーがそのまま患者さんに伝わりますからね。
自分の自信のなさ、勉強不足、そういったことも相手には伝わってしまいます。

0080401▲昨日の懇親会は盛り上がりました!激論激論でしたよ。
女性に囲まれるのって治療家相手ではゼッタイにないので楽しいね(笑)

カッコつけるのではなく、真正面から取り組むこと。

いつも書いているようにカラダとココロは表裏一体です。
これは患者さんのことだけではなく治療家でもそうなんです。
そして経営者ならばそこにビジネス視点が絡んだ時、エネルギーレベルが低いことはマイナスにしかなりません。

でもね、人間だからさ。
ネガティブになったり、イラッとする時だってあります。
自信のない時だってあるし、自信が持てなくなる時だってあります。

この感情を全てなくせ!ということではなく、エネルギーレベルが下がることもある。
それを認識しておくだけで全く違うんです。
認識しておくだけで対処ができるようになるからです。

ネガティブになったら、今これでネガティブになったんだな。
イラッとしたら、今これでイラッとしたんだな。
その状況を、その感覚を客観的に認識できるかどうか?
これだけでかなり変わります。

そうなれば患者さんやお客さんに悪い影響を与えないですよね?

こう考えていくとカラダとココロとビジネス視点は三位一体なんです。
どれが抜けてもうまく機能しないですからね。

そんなことを言っているボク自身も、まだまだ客観視できないことは多々あります。
でもその感覚を持っているから、すぐに気づくことはできるし、対処することも可能です。

たぶんそれが「治療結果」に反映しているんだと思うんです。
だからボクの治療はある程度評判が良くなっているんだと考えています。

治療技術はもちろん大切。これはカラダの部分。
ココロの持ち方ももちろん大事。
そしてそれをビジネス視点に絡められるか?
そのバランス感覚が総合的に大切なんじゃないかな〜。
講習をしていてあらためてそう感じたのでブログにしてみました。

さ、これから午後の部がはじまります。
ガンバりましょ!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ