*

プラシーボ効果について考えると、関係性の意味が見えてくる。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
残暑?暑さがぶり返していますね。
夏が終わっちゃったななんて思ってたけどやっぱり涼しい方がラクだな〜。

先入観はあってもなくてもいい。

サイモンプレミアムテープ、おかげさまで好評です。
患者さんの評判も上々ですし、Facebook経由で買って下さった方からも嬉しい声をいただいています。

このテープのモニタリングをするのには、ちょっとした苦労というか難しさがありました。
ボクはモニタリングは基本的に患者さん相手にやります。
正直言って外部でのモニタリングは厳しいですので。
そうなると正確なモニタリングができるのか?という問題が出てきます。

ウチの患者さんはボクを全面的に信頼してくれている人が多いわけです。
しかもそれがテープとなればなおさらです。
山田が貼るんだから効くに違いない。そんな感じです。
いわゆるプラシーボ効果が多分に働いてしまうんですよね。
治療家としてはありがたいことではあるんですけどね。

0052301▲山田=テーピング。これは患者さんの間では共通認識。
だから効くに決まってるらしいです。ありがたい評価ですよね~。

先入観があってもなくても、結局は相手が決めること。

でもよくよく考えてみると「正確なモニタリング」なって出来っこない。
ある缶コーヒーの企業が「100万人を対象にモニタリングしました」ってCMを打ってました。
ボクはそれを飲んでみましたが、何が変わっていて、どう美味しくなっていたのかが分かりませんでした。

だからウチの患者さんがサイモンテープに高い評価をしてくれるのは、ある意味では当然かもしれません。
そうなるとプラシーボ効果だって否定できないし、また否定するつもりもありません。

でもこれって「プラシーボ効果は関係性や信頼感がなければありえない」ってことなんです。

ウチの患者さんに対して赤の他人がサイモンテープを使ったら?
当然それなりに効果は出ると思います。そういう開発をしましたから。
ボクが貼るのと比べたら、そこまで効果は出ないんじゃないかな。

これはボクだからできるわけではなく、どんな人にも当てはまります。
ボクが他の治療院に行って治療したとしても、そこの院長先生以上に結果を残すのは至難の技です。
技術のあるなしなんて、関係性や信頼感とセットのようなものですから。

プラシーボ効果?それならそれでもいいんじゃないかな。
関係性があるから、信頼されているから効果が出ているんです。
ボクはそう思うけどな〜。ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。

顎関節の症状、歯の痛み、原因になるものはなにがあるのか?

顎関節の症状や歯の痛みは「その部分」だけに問題があるわけではない。 身