*

どんなにいい情報でも、相手が欲しくなければ「いい情報」ではない。その情報を「誰に届けるのか」が大事。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日はちょっと肌寒いです。でも動くと暑いんですよね~。
院内も乾燥してきたので、今日から加湿器を使ってます。何かいい感じだわ~。

「新しいこと=誰もやったことがないこと」?

「どんなに価値があったとしても、伝わらなければ存在しないのと同じ」
これは藤村正宏先生の言葉です。
このブログでも何回も書いていますけどね。

だから「いかにして伝えるか?」をいつも考えてはいますが、なかなか思い通りには伝わらないものです。

そして「どこに、誰に向けて伝えようとしているのか?」
これもセットで必要なことですよね。

ターゲットというか、対象者は誰なのか?ってこと。

治療院運営でも、テーピング関連のことでも、紹介抜きでは今のボクは成り立っていません。
だからボクのブログは患者さん向けに書く時は「○○さん」をイメージして書きます。
毎回違う時もあれば、続いてしまう時もありますけどね。
だってその「○○さんに紹介して欲しい」んだから、その人を対象にして書くでしょ。

これもつながりの経済ということですよね。
ウチは紹介は当然ですが「山田指名」なわけです。ひとりでやってますから(笑)
治療技術が欲しい、テーピング技術が欲しいというよりは、山田そのものを評価してもらっているって感じ。

00112101▲治療もテーピングも特別なことはしていません。
基本に忠実に、その上で応用しているだけに過ぎません。
ゴッドハンドでもないし、カリスマでもないですから。

相手によって、見せ方によっていくらでも新しくできる。

ボクの出している情報自体には特別な新しさはほとんどありません。
最近で新しいことといえばサイモンプレミアムテープの使い方くらいなものです。

ただ新しさは「伝える相手、伝え方によってはいくらでも新しく見せられる」ってこと。

今の時代、全く新しいことなんてないように思います。
そのほとんどは組み合わせによって新しく見えているか、バージョンアップして新しく見えているかです。

治療技術もテーピング技術も、どんどんブラッシュアップさせています。
土台やベースがあってのものですから新しくはありません。

美容整体なんて、その際たる技術かもしれません。
ボクもエステティシャンに教えている身ですから、治療のメニューにもしています。
でも技術としては新しい技術ではありません。
「見せ方を変えた」から「美容整体」になっただけです。

繰り返しになりますが、伝える相手や伝え方を変えればいくらでも新しくはなります。
ただし「相手がそれを欲していれば」ですけどね。

欲してくれるところで仕事をするのは、とってもラクだし心地良いものです。
でも先に「その欲してくれる人・場所」とつながることの方が大切。

そうすると「新しいこと」ができるようになるだけなのかもしれないな。
それが「誰にもやったことのないこと」に見えるのかもしれません。
ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クレームが起きない一番の理由

クレームが起きないのはお店側が優秀だから? お客さんが満足してくれてい

仕事に誇りが持てるか?

いざという時の助けになればいい。 最後の砦、駆け込み寺でいい。 どうし

失敗体験はみんなで共有することができる

成功体験はその人にしかできないことが多い。 失敗体験はみんなで共有でき

今の仕事が未来永劫あると思うなかれ

今の仕事は10年後にはないのかもしれない。 ゼロベースで考えたら何を仕

ハードの進化とソフトの進化、人間の進化。

ハードは毎日のように新しくなる。 それに合わせてソフトもアップデートし