どうして痛くなるんですか?に対しての答えは状況で変わるもの

患者さんからよく聞く質問。
「なぜ痛くなるのか?」これは多い。
答えはその状況で変わるので要注意。

 

どうして痛くなるんですか?

施術をしていると「どうして痛くなるんですか?」、そんな質問を受けることはしばしばあります。

例えば転んで手をついて肩をケガをした場合。
これは「転んだ」が原因ですから、どうして?の答えは「転んで手をついて肩を傷めたから」です。
しかしながらそのような原因(発生機転)がない場合、なかなか答えるのが難しいものです。

腰痛の患者さんでも「病院で腰椎の3.4.5番の間が狭くなっている」とか「整形外科で検査をしたら腰椎椎間板ヘルニアと言われた」と言って来院する人がいます。
これらの症状の患者さんに「どうして痛くなるんですか?」と聞かれたら、「腰椎の間が狭くなっているから」「ヘルニアだから」は、答えになっているのでしょうか?

これは身体の状態の「結果」なだけで、「どうして?」の答えにはなっていないとボクは解釈しています。
どうして?の答えはどのようにして腰椎に負担がかかってしまったのか、あるいはどのようにしてヘルニアになってしまったのか、が答えのはずです。

つまり答えになるのは「プロセス」「経過」になります。

 

答えが出せるのは状況が分かる時

その患者さんの仕事や日常生活、スポーツへの取り組み方などの状況が分かれば、「どうして?」の答えは導けます。

状況が分からなければ?ボクは答えを導けません。

そして症状を改善していくにあたり、この状況が分からなければ改善していくのは難しいと言わざるを得ません。
もちろん施術をして一時的に改善することは可能ですし、痛みも楽になるでしょう。
この状態だと繰り返し施術をしていくしか改善方法はありません。

状況が分かれば仕事時に気をつけてほしいこと、日常生活での注意点、スポーツの際に取り入れてほしいことなどを伝えることが可能です。

痛みが出てしまう、症状が出るまでの「プロセス」は患者さんに聞かなくては分かりません。
患者さんはそれまでの状況をしっかり伝えましょう。これを聞いてくれない治療院は・・・これから行かなくてもいいと思いますよ(苦笑)

 

患者&指導者そして施術者のコミュニケーションありき

今現在腰痛で施術をしている高校球児がいます。
野球に関してはボクはそこそこ詳しいですが、彼からはかなり聞き取りを多くしました。身体の動きもいろいろとチェックしました。
そこでたどり着いたのは「股関節の動きと使い方」でした。

さてどのように痛みを改善していこうか?
ここで練習を休めば改善するのは当たり前です。ただしこれだとまた練習を再開すればまず間違いなく痛みは再発します。
練習の強度を落とすのも大切ですが、痛みにつながるであろう動作の強度を落とし、落とした分はうまく使えるような動作を同時進行で取り入れます。
これは本人に伝えるだけでは不十分で、今回のケースは監督やコーチに直接伝えました。結果的に練習を休ませることなく症状改善につながりました。

試合が近いのか、オフシーズンなのかなど、これだけでも対処方法は一様ではありません。これも状況把握の一部ですよね。

▲どのアスリートにも同じく対応します。もちろん一般の患者さんにも同じ対応です。だからできるだけ状況を教えてくださいね!

ヘルニアだから、分離症だから、こう言って来院するケースはかなり多いです。
「どうなって、この状態になったのだろう?」
これがしっかり分かれば施術の精度はおのずと上がります。

だからこそ聞き取りは大切ですし、そこから見立てを作り、コミュニケーションありきで、進めていけば単純に痛みを取るだけでなく、うまくいけば根本からの症状改善につながっていきます。

たまには施術のこともちゃんと書かないとね。
いつも来院してている患者さんに感謝です!

テーピングマスター
やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

やまだ整骨院のLINE公式アカウントを始めました。
予約が混み合いやすい平日夕方や土曜日など、キャンセルが出た場合にお知らせします。先日は土曜日のキャンセルが出たために発信しましたが、即予約の連絡をいただきました。皆さんに喜んでいただけているようです。
合わせて健康情報やお得な情報なども発信していく予定です。
ぜひ友だち追加をお願い致します!↓

友だち追加


YouTubeでテーピングや体操の動画をアップしています。

患者さんやアスリートに好評です。なるべく分かりやすくしています。
ぜひチャンネル登録をお願いします♡
https://www.youtube.com/channel/UC6D98TGY_OHwDoLip8YvZ-g

 

オンラインショップ作りました。
ボクの想いに共感していただけた方、また高品質のプロテインを探している方、ぜひぜひ下のショッピングサイトをチェックして下さい。できれば買って下さい(笑)最近はプロのアスリートからの発注も増えてきました。
テーピングもコチラで買えるようになりました!

 

やまだ整骨院オンラインショップはコチラ

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
プロ格闘技選手のトレーナーを15年務める。
現在は東京都強豪高校野球部、大学女子バレーボール部(一部リーグ)のコンディショニングサポート中。
治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中。

テーピングの開発・販売・講習もしています。
(講習に関しては随時ブログにてお知らせしています)

スポーツ歴は中高生時バスケ、専門学校時に柔道、社会人になり格闘技(キックボクシング)をしていました。
修行期間13年を経て34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツは積極的にはできませんが、身体とメンタルの両面をサポートし、アスリートを目標達成へと導きます。

2020年4月よりオリジナルプロテインを販売開始。
学生競技の現場を体験して「継続して飲むなら美味しくて、身体にいいプロテインを飲んでほしい」その想いからオリジナルプロテインを作りました。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket