*

応援されるには、応援する側になってみることが必要。

こんにちは。自宅のデスクよりサイモン山田です。
今年は今日からちょっとずつ始動です。まだ治療は休みですが。
2017年のキモと考えている場所、人へのアイサツからスタートします!

応援されている人ってどんな人なんだろう?

どんな仕事も行動も、一人でやるのは限界があります。
たとえどんなに能力が高くても、他の誰かの力がなければたどり着けません。

毎年冬の時期は学生スポーツがあります。
箱根駅伝、高校サッカー、ウィンターカップ、花園、大学ラグビー。
どの競技も素晴らしいです。心からエールを送ってしまいます。

みんな応援されていますよね。
保護者だけではなく、OBやOG、学校関係者、地域の方々など。
応援する人はいても、非難する人はほとんどいないんじゃないかな。

学生が全身全霊で取り組んでいるから応援されているんだと思うんです。
だから応援する側も全身全霊で取り組んでしまうんじゃないかな〜。

エリート選手がケガや成績不振で挫折してしまうことってあります。
これって「応援されるのが当たり前」「できるのが当たり前」になっていたりもします。

挫折から復活するのは「応援している人の大切さ」に気づくこと。
ここがスタートになるような気もします。

今日のブログはこの記事に感化されて書いてみました。
やっぱり現場で肌で味わっている人の内容は濃いんですよね〜。
その記事はコチラから。

高校野球▲どんな競技も応援してくれる人の存在は重要です。
トップクラスで活躍できる選手なんてホンの一握りしかいない。
挫折することだってある。それでも這い上がれるかどうか?
その這い上がる姿勢や想いにみんな応援しているんだよね。

応援は誰でもできること。目の前の人を応援しよう!

例えばウチの患者さん。
学生スポーツを頑張っている子たちがたくさんいます。

頑張っている子たちなら本気で応援しちゃう。
成績なんて関係ないです。
全国レベルの子もいれば、地域レベルの子だっている。

いいんだよ、そんなの。
頑張っていればそれだけで十分です。
でも頑張っていなければ応援のしようがないんです。

じゃ、ボクは頑張っているのだろうか?
頑張っていたとしても、それが応援されるのだろうか?

応援されるのは「してもらおう」としてされるもんじゃない。
行動で示していくしかないんじゃないかな。

もちろん競技によっては「スポンサー」を集めることだったり、
支援者を集め、そこから応援してもらうことだってあります。

でも結局は「生き様」だったり「人柄」が伝わるものです。
過去お付き合いしてきた選手たちで応援者が多い人の特徴は、みんな「人」そのものに魅力がある選手でした。

ボクは応援されているのかな?応援してもらえる側なのかな?
はい。間違いなく応援してくれる人はいます。家族も仲間もね。

応援する気持ちが分かる。
だから応援されている時の「応援してくれている人の気持ち」も分かる。

もし応援されなくなったら、頑張っていない、やることやってない。
そう評価された時じゃないかな。

そう、応援してくれている人は「結果」だけで応援する・しないにはならないから。
行動を、想いを、信念を、応援してくれているのだから。

ボクは応援する側を続けます。
その先に応援されることもあるからね。

あ。打算でやるとやらしく見えますよ(苦笑)
でも間違いなく応援されるようになりますけどね。
いつもありがとうございます!ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クチコミほど超効果的で、クチコミほど怖いものはない。

クチコミで患者さんが来院するのはありがたい。 でもクチコミは悪いことも

絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。