*

既存顧客を死ぬほど大切に・・・する?しない?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

大切にする人顧客とそうでない顧客?

ちょっと前のことですがエクスマセミナーが東京カルチャーカルチャーで開催されていました。
ボクは仕事の都合で参加してないんですけどね・・・。

当日は「#エクスマ」「#エクスマセミナー」でツイッターのタイムラインを追いかけたり。
つながっている人たちのFacebookでチェックしたり。
仕事の合間にゴソゴソやっていました。

藤村先生の新しいネタ?内容?もあったみたいだし。
楽しそうだし、当然中身も濃かったみたいです。
そりゃそうですよね。エクスマだもの。
アップデートされ続けているのがエクスマだもの。

ボクには気になるフレーズがありました。
それが、
「既存顧客を死ぬほど大切にする、そういう時代ではない」
「だから『ゆるやかな関係性』が大切になる」
(内容は詳しく分からないけど・・・苦笑)

ボクは「既存顧客を死ぬほど大切にすること」
エクスマでそれを学び、実践しながらここまでやってきました。

それがアップデートされるなんて!!!
やっぱり行けばよかったのね~(苦笑)

17032701▲この患者さんのカルテ、これがとても大切だと思ってます。
この感覚をさらにアップデートする必要があるってことなのかな?

変化を恐れないってことなのかしら?

治療で患者さんに貢献する。
これが全ての土台ではあるんだけど。
ここから変化させるとはどういうことができるのだろう?

ある意味では変化は「恐怖」でもあるから。
自分にとっての「恐怖体験」を増やすと成長するのかな?

ボクの中での恐怖は変化することではない。
変化しないことの方が怖いんです。

だからいろいろやろうとするし、やりたいし。
たぶん答えはそこじゃないんだろう。

大きな変化を起こすと同調できない人も出てくる。
環境も変わることがあるし、動き方も変わってくる。

それを相手に伝えられているのか?
土台をうまく生かすことができるか?
プライドを捨てられるのか?
目の前の利益にとらわれていないか?
信念を貫けるのか?

参加していないクセに、たくさんのことを考えた。
参加してたらもっとスピードが上がったのかもしれないな~。

ボクの悪いクセ。
その場に行くと「できた、やった気になっちゃうこと」
まだ何にもしてないのに、できちゃった感覚になる(苦笑)

セミナーに参加してはいないけど。
皆さんのタイムラインから情報を得ただけでもできることは必ずある。

今のボクには現場でやること、やり続けることが大切でもあるからね。
自分自身でそう認識している部分もありますから。

ここしばらくは外側との情報交換とも多くなります。
それでも軸足はブラさず、コツコツやっていこうっと。

既存顧客を死ぬほど大切に。。。しつつ、先も考えなくっちゃね。
大切な人を大切にし、ゆるやかな関係性を作り、自分自身もゆるやかに生きたいな。

いつもありがとうございます!ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ

なんでSNSをやっているのかしら?理由はあるのかな?

理由もなくやっているからつまらなくなる。 誰かにやれって言われたからや

身体関係の仕事の人はマジメ。SNSをもっと使えばいいのにね。

身体関係者の人はマジメな人が多いです。 だからこそ自分をもっと表現した

悩みや迷いがある時の対処法を持っていますか?

目の前の人に貢献し続ければいい。 自分にはそれができるのだから。 持っ