*

信頼関係は人を、相手を想ってこそ成り立つ。時間や経験は後づけみたいなものでしかない。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

悩みはしっかりとカラダに出る?

長く患者さんと接していると、理由はないけど何か分かることってあります。

例えば腰痛の患者さん。
明らかに状態は良くなっている。
なのに朝一番の起きる時間帯だけ痛い。
しかも平日だけ痛い。

これだけでも十分分かりますよね?
そう仕事に行きたくないから、脳が防衛反応を起こして腰に痛みを引き起こしています。
登校拒否ならぬ、登社拒否みたいな状態です。
こう書くと「なるほどね」と納得できる部分もあると思うんです。

でもよく考えてみると。
自分が腰痛患者だとして、治療家にこんな指摘されたらどう感じますか?
反対に自分が治療家だとして、こんな指摘を患者さんにできますか?

言われて気分を害する患者さんだっています。
だから何でもかんでも気づいたからと言って指摘すればいいわけではないんです。

誰にどのタイミングで言われるか?
それはめちゃくちゃ重要なこと。
ココロの勉強をしているからといって、何でも言えば、伝えればいいってことではないんだよね。

0071601▲ず~っとこのあたりに心を砕いて治療をしてきた。
その積み重ねが今の信頼関係につながっているのだと思う。

信頼関係はキツイ指摘を愛に変える。

腰痛の85%は原因不明である。
これは今ではボクら治療家の中では常識みたいなこと。

それなのに治療技術だけでどうにかしようと考えているのはナンセンスです。
柔整でも鍼灸でも整体でもカイロでもそれは同じこと。
医者でも同じことです。

どの治療方法がいいか悪いかなんてそんなことが問題なのではない。
患者さんの症状を診るのではなく、人として見ているかどうかということ。
腰痛を改善することを目的とするのではなく、その人をどうしていくのかを目的とすること。

そう考えているならばキツイ指摘も愛に変わる。

繰り返しますが誰にでも言っていいわけではないですよ。
言っていい人と悪い人とがいますからね。

言われて「分かってもらえてる!」と喜んでもらえることもあります。
反対に「そんなこと言われても休めないから来てるんじゃないの!」と思われたら?
次の治療機会はおろか、信頼関係は成り立っていないということです。

たまたまそんな機会に出くわしたのでブログにしてみました。
治療現場だけではなく、いろいろなシチュエーションでありそうなことです。

人を見ているかどうか。
それはカンタンに、あまりにもあっさりと相手に伝わります。

これからは付け焼き刃ではうまくいかないよ。
経験値が高い治療家にアドバンテージがあるのも今のうちだけです。
ボクはそう思ってます。

いつもありがとうございます!ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ