*

背中を押してあげよう。背中を押してもらおう。それが仲間じゃんか。

こんにちは。テーピング治療家、サイモン山田です。

一人で考える?or 仲間に委ねてみる?

月曜日。
人生初と言っても過言ではない占い体験をしてきました。

▲場所はまゆみさんの美容室、経堂の「クルールクレール」
経堂の商店街「農大通り」めっちゃいい雰囲気なんです。

フロリダ族限定の「タロットカード占い体験イベント」でした。
限定って響きだけで、ボクはそそられてしまう生き物です。

▲鑑定人?占い師?は、エクスマ塾生でもあるエウロパこと周藤縁さん。
ボクは初対面だったんです。最初はちょびっと緊張しました・・・。

今回のイベント月曜日じゃん。しかも17時スタートじゃんか。
どうしようかな〜とも思っていましたが、占いに興味があったのと、前回まゆみさんの企画したイベントに参加できなかったので、患者さんにお願いして予約時間をずらしていただいて参加してきました。

参加して本当によかった!占いの結果もよかったからなんだけどね。
物腰柔らかい中にズバッとお話しされるのには共感しました。
(今後、定期的に見てもらうことにしました。エウロパ、ヨロシクです!)

 

やっぱりフロリダ族っていいよな〜って。

 

ちょこちょこ顔を見るメンバーではあります。
何回も会ってれば新鮮味があるわけでもないし、ハンパない刺激があるわけでもない。

なんていうのかな。
ホームグラウンドに帰ってきた、ような感じなんですよ。

▲鑑定を受けているこの人だけ、何故かアウェー感満載なんですけど・・・?
ワッキー、みんなアナタのこと見てるからね。大丈夫。

流されてみてもいいんじゃないかな?

フロリダ族は個人経営者さんが多いです。ボクももちろんその一人。
美容師やエステティシャン、ネイリスト、治療家、いわゆる職人系の人が多いのも特徴かな。

スタッフを抱えている人もいれば、一人や家族でやっている人もいます。
どうしたってお店の外との交流は乏しくなってくるでしょ?
しかも自分の業界以外のことに疎くなってくるでしょ?

で、迷う。悩む。
でも答えなんて出っこないんです。

それを外に求めるのも筋違いなのは百も承知です。
それでも環境や、頭の中を変えなければ新しいアイデアなんて出てはこない。

ボクは治療家に接する機会がそこそこ多くなってきました。
しかもこれから業界向けのセミナーが続々と控えています。
このタイミングであえてまた言いたい。

「フロリダ行ってみれば?」
「治療業界の勉強している場合じゃないんじゃない?」って。

かっちゃんに会って、刺激を受けて宿題いっぱいもらって。
仲間ができて、笑って楽しんで、イジってイジられて。
イベントやって、みんなに喜んでもらって。
で、結果的に自分の仕事や人生が豊かになっていく。

それでいい気がします。
これを不真面目だ!もっとちゃんとやれ!という人もいるんでしょう。
ボクはその人とはうまくいきません。それだけです。

その人その人に考え方がありますから否定はしません。
でもボクはボク。否定されるならそれはそれ。
その人と合わない、ってだけですから。

ボクもやりたい企画が出てきちゃった。
テーピングとか施術にしようかな〜。
ちょっと精神世界寄りにしようかな〜。
場所はめぐちゃんのところでやろうかな〜。
まゆみさんにお願いしようかな〜。

あ!その前に。
フロリダ族のSNS塾、9月にまた始まります。
これにエントリーするだけでも、人生変わっちゃうかもよ?
もちろんボクも参加します。治療家さん来ないかな〜。
詳しくはコチラから。

▲こんな感じでさ。みんなで楽しめればいいんじゃないかな?
イウラなんて、フロリダ族で転職成功したからね〜。

治療家がもっと増えたら、ボクは個人的に嬉しいな。

もともとクソマジメだったボク。
いい意味で流されるようになりました。
それで楽しくなったし、人生豊かになりました。

だからさ。
一人で考えるのもいいけど、仲間に委ねてみたり。
流されてみるのもいいんじゃないかな?
背中を押してあげたり、押されてみるのもいいんじゃないかな。
もちろん、最後は自分で責任は取るんだけどさ(笑)

フロリダ族、やっぱサイコーだわ。
かっちゃん、いつもありがとう。

ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ

なんでSNSをやっているのかしら?理由はあるのかな?

理由もなくやっているからつまらなくなる。 誰かにやれって言われたからや

身体関係の仕事の人はマジメ。SNSをもっと使えばいいのにね。

身体関係者の人はマジメな人が多いです。 だからこそ自分をもっと表現した

悩みや迷いがある時の対処法を持っていますか?

目の前の人に貢献し続ければいい。 自分にはそれができるのだから。 持っ