*

「3日でアナタも整体師」なんてウソみたいなホントの話。

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。
連日高校野球がアツすぎる!ボクもアツく生きなくっちゃね〜!

技術はなくてはならないもの。

治療院経営者になってもうすぐ丸10年。
治療家になって約23年。
そりゃいろいろと分かるようになりますよね~。

特別儲かってるわけではありません。
多店舗展開しているわけでもありませんし。
現場にいたい気持ちが、臨床経験を積みたい気持ちが強いです。

数字と切り離して考えるつもりはないけど。
今は素直に自分のやりたいように進んでいます。

もし同じように考えていて方向性が定まらないのなら?
そこに「技術的な裏付け」はありますか?

経営的な手法はいくつもあります。
たくさんの「治療院専門のマーケッター&コンサルタント」なるものが世の中に存在していますからね。

毎日のようにFAX-DMやら、メールやらでお知らせがあります。
本当に毎日ですよ。

これを否定するつもりは全くありません。
勝手にやっててくれればいいだけですから。

だけど違法すれすれや、技術的に「?」がつくようなのも多いです。
これだと結局は小手先にすぎません。
というか、業界的には単純に迷惑な話ってことね。

▲こういうDMもどうやれば効果があるのか分かってます?
伊達に10年以上もやってないですから。
同じことを小手先ではじめるとかえって逆効果ですよ~。

技術の先にあるものとは?技術の手前にあるものとは?

結局は「情熱」なんじゃないかな。
想いとか、使命感とか、そんな感じのヤツです。

「3日でアナタも整体師」
「一週間の講習で現場デビュー」
こんな類の文言のDM関連がもう目を覆いたくなるほど溢れかえっているんです。
でも実際にこんなDMが存在し、講習があり、施術を行っているのがこの業界の実情です。

やりたい人は勝手にやってればいい。
でもね?こんな人に施術されたいですか?ってこと。

3日しか習ってない人に施術されたい?
一週間しか講習を受けていない人に施術されたい?

その3日しかやってない人。
一週間の講習を受けさせているオーナー。
自分自身が施術を受けるなら、そんな人にやってもらいたい?

そんな人が責任を持って施術ができるの?
事故を起こさず的確な判断がができるの?
ボクは絶対にその人に施術はされたくないですけどね。

国家資格があってもなくても関係なくなっている治療業界です。

ボクは柔道整復師としての気概を持っているのであえて言いたい。
施術なんて柔道整復師がしっかりしていればいいんじゃないの?
整体師なんて、揉み揉み屋さんなんて要らないんじゃないの?

整体師でも、揉み屋さんでも勉強している人はいます。
それは間違いない。でもやってない人もた〜くさんいます。

だって勉強しなくたって、何にも知らなくたって、今すぐにでも「ボク、今日から整体師です!」って名乗れますもん。

これ、不思議かもしれませんが「職業選択の自由」ってヤツです。
資格じゃないから何とでも言えるし、できちゃうんです。
人のカラダに直接触れることができるのに、ですよ?

でも職業選択の自由があっても「ボク、医者です!」とは名乗れないでしょ。
だって「医師免許」が必要ですからね。

資格自体が存在しない。
だから今すぐにでも整体師にはなれます。
これが治療業界の実際なんです。

反対に。
柔道整復師だって勉強してないヤツはた〜くさんいます。
保険を頼りに「限りなく黒に近いグレー」でやってる人はいっぱいいます。

でもね。
まがりなりにも3年以上高いお金を出して学校に通い、国家資格を持っているんですよ。
3日じゃ、一週間じゃなれないんです。柔道整復師にはね。
ましてや名乗るだけではなれないんです。

整体師より柔道整復師が上だと言いたいわけじゃないからね。
一人の柔道整復師として、気概があるから言っているだけです。

最近、ある人に言われました。
「山田クン、そろそろ業界のこときちんと伝えた方がいいんじゃないか?」って。
「もう20年以上やってるんだからそういう立場になってるんじゃないか?」って。

確かにね。
悪口みたいになっちゃうから書きたくなかったけど。
実情を書いて、通院する人に情報提供することは大切だよね。
治療業界でも知らない人がいるなら、知識として大切な部分でもあるよね。

というわけでこれからバンバン書きます。
自分のやっていく講習についてもどんどん書きます。

縁のある、志のある治療家、特に柔道整復師を育てたいし、つながりたい。
本気でそう思っていますからね。
ではまた。

 

これから開催予定のセミナーはコチラからご確認下さい
「サイモン式・施術能力アップセミナー」

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ