*

「誰かの批判をして、自分を正当化する」。これはしない方がいいと思うんだけどな~。

こんにちは。サイモン山田です。
おかげさまです。ありがとうございます。
患者さんに恵まれ、家族に恵まれ、スタッフに恵まれ。
ありがたいこと、この上ない!

さてさて今日のテーマは、

人の批判をするのは何故か?

僕の業界はけっこう多いんです・・・。
って恥ずかしながら、僕自身が以前やっていましたから分かります。

あそこの整骨院は~。
どこそこの整形外科は~。
向こうの病院は~。
そんな感じの批判的なことを、言ってました。
ああ今思い出しても恥ずかしい・・・。

そんなこと言ってれば、他の人に自分がどこかで言われています。
これは間違いないでしょうね。

なんで批判的なことを言うのか?と考えれば、僕の中では答えはカンタン。
「だから自分の方が優れている」と言いたいから。
これは言葉に出さなくても同じことだと思います。

「あそこの整骨院は◯◯だからね~」(だからウチの方がいいよ)
「あそこの会社は□□らしいですよ~」(だからウチの会社を選んでね)
「あそこのお店は△△みたいだね~」(だからウチのお店で買ってね)
こんな具合に、言わなくてもカッコの中の言葉が透けて見えます。

人のふり見て我がふり直せ?

先にも書きましたが、言っているってことは、どこかで言われています。
「あそこは◯◯だからね~」って。

それがひどければ、
「あそこの人が◯◯って言ってたよ」って、悪評が立つことだってあり得ます。

もし患者さんやお客さんから、その手の話題が振られたらどうしますか?
僕の答えは決まっています。
「あそこの方針はそうなんだね~。ウチは◯◯という方針だけどね~」
別に批判する必要はないし、そこはそこのやり方があるだけだと思います。

・無理矢理来院させられる。
・回数券を売りつけられる。
・やたらと店販品を勧められる。
最近よく聞くネタです。
それはそこの院の、お店の方針なだけ。ウチはやらないけどね。それだけの話なんです。

でも買ったのは、選んだのは、その人自身ですし、もしかしたら自分から進んで買っている可能性すらあります。
だから批判はしません。そして肯定もしません。

人は感情で動いていますから、買う時も何らかの感情で買っているし、話す時も何らかの感情で話しています。
それを分かっていないと、自分自身の考えと違うってだけで、人の批判をしてしまいかねないですから。

まとめ

いいウワサより、悪いウワサの方が伝わるのが早い。
とはよく言いますが、早いというより、印象に残りやすいんだと思います。
井戸端会議でもよくあることですよね~。
そこで良く言われるより、悪く言われない方が大切なのかもしれません。
人は人の悪口を言う人に対しても、いい印象持たないですから。
だから批判的になりそうな時は、一度立ち止まって考えた方が良さそうです。

そうそう先日、こんな自販機を見つけました。

赤い羽根スゴいことに、息子がここに10円入れて寄付していました!
我が子ながら、「素晴らしい!」って褒めちぎってしましましたよ!
でも息子は「赤い羽根、出てこないんだね・・・」と寂しそうでした・・・。
この自販機、何にも詳しいこと書いてないし。
こんなシステム、批判しちゃいますよ!
「息子の気持ちを台無しにしないで~~~!」ってね。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、

お呼ばれされたら行きますよ!<埼玉で開催!第二回初心者OK!テーピング講習>

足が速くなる?柔軟性がアップする? 痛みがなくなる?歩きやすくなる?

ゼロから1にする。伝わらなければ価値はゼロ。<6.12フロリダ族セミナー>

人それぞれに価値はある。 でも伝えなければ価値は分からない。 伝え方を

速く走れるテーピング!運動会や体育祭で1番になっちゃおう!

テーピングで速く走れるようになります。 正しい骨格の位置にしてあげるこ

専門性はリスクなのか?多様性を認めると楽になります。

専門性、プロになるのは大切なこと。 多様性、マルチタスクも同時に大切な