*

余裕があれば焦りは生まれない。

ホンの少しだけゆとりを持つこと。
時間、行動、書く、話すなど全てでゆとりを持つ。
余裕があると焦りは消えていく。

余裕のなさが焦りを招く。

ギリギリで動くのが習慣になっている人っていませんか?
これは自分自身のことなんですけどね。

時間、締め切り、行動のベースがギリギリなんですね。
遅刻をするわけではないし、締め切りも間に合わせます。
改善しようと思っていてもなかなか直りません。

ウチの子供は息子はかなり余裕で動くタイプ。
娘はボクに似たのでしょうか、ギリギリ派なんですね~。
性格といってしまえばそれまでなんでしょうけど。
ボクは全てにおいて余裕を持ちたくなったんです。

そこで。
まずは時間から余裕を持って動くことを実践し始めました。
予定の時間より30分早く動くことを心がけるようにしたんです。

そうするといつもと「景色」が全く違って見えます。
余裕があるから周囲を見渡すことができるんです。

正直、ビックリしました。
時間に余裕ができるとこんなに楽だとは、まさに新発見でした。

今までは時間ギリギリ、締め切りギリギリ。
焦りもあるし、イライラもするし、いいことないよね。

これは日常生活だけではなく、仕事にも言えるんじゃないかな。
もし切羽詰った顔で患者さんに接していたら?
きっと患者さんは不安を覚えるのではないかな。

患者さんの前では余裕というか泰然自若です。
自分の力でできることは限られていることを知っているからです。

▲ゆとりが、余裕があると海を見ながらのんびりコーヒーを飲んで時間を使うこともできる。こんな感覚は今まではなかったな~。

余裕があってもなくても、フリをしよう。

まだまだはじめたばかりの余裕生活。
時間も行動も、余裕が持てるところは持ち、もし余裕がなくてもそんなフリをする。

立ち居振る舞いにゆとりがあるだけで全然違います。
余裕がなくても「余裕があるフリ」はできるからね。

駆け込み乗車とか、渋滞中の割り込みとか、余裕がないよね~。
もともとボクは信号でもよほどのことがなければ走らない。
駆け込み乗車もイヤ。割り込みなんてもってのほか。
あれ?余裕があったのか?

 

話は一気に変わりますが、たぶん「売り込みに見える」のはね。。。

「余裕のなさ」が透けて見えていることもあると思うんです。

 

SNSの投稿もそうだし、普段の業務でもそう。
「売らんかな!」って余裕のなさが顕在化しているんだと思うんです。

普段から投稿している人が自分の商品を紹介したり、講習の案内をしているのを見ても何とも思いません。
投稿が商品紹介や講習案内などばかりだと「あれ?」って思ってしまいます。

余裕がなくても、余裕があるフリをする。
そうすれば無理に売り込むこともないし、きっとその余裕に人は引き寄せられる部分もあるんじゃないかな。

余裕がないと、自分のことをよく見せようとしがちです。
これは自分自身がそうだったのでよく分かる(苦笑)

今はそんなことしません。余裕があるわけではないけどね。
結局はそんなの早晩バレることでもありますから。

自分自身が大したことないと分かれば余裕が出ます。
それがハッキリ分かった今、やることとやらないこともハッキリしました。

余裕があるんだもの。余裕があるフリすればいいんだもの。
やらなくていいことはやらない、そうやって決めればいいだけです。

 

余談として。

余裕があるので人が集まるかどうかは分かりませんが、治療家だけではなく、身体関係の方々向けの講習をやることに決めました。
集まらなければやらなければいいだけですからね。

問診から見立て、施術ノウハウ・メンタル・マインドのこと。
そして別枠でSNSというか、発信の仕方などのことも伝えたいね。

もういいでしょ。やっても。
一から、ゼロから学びたい人、再度学びたい人、いるのかな。
そろそろスケジュールを書きますね。

これが売り込みです。
余裕のなさです(笑)でも焦りは全くないけどね。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、

お呼ばれされたら行きますよ!<埼玉で開催!第二回初心者OK!テーピング講習>

足が速くなる?柔軟性がアップする? 痛みがなくなる?歩きやすくなる?

ゼロから1にする。伝わらなければ価値はゼロ。<6.12フロリダ族セミナー>

人それぞれに価値はある。 でも伝えなければ価値は分からない。 伝え方を

速く走れるテーピング!運動会や体育祭で1番になっちゃおう!

テーピングで速く走れるようになります。 正しい骨格の位置にしてあげるこ

専門性はリスクなのか?多様性を認めると楽になります。

専門性、プロになるのは大切なこと。 多様性、マルチタスクも同時に大切な