*

行動を起こせなくなる理由はなんだろう?

他人の目を気にしているから。
自分の内なる声を蔑ろにしているから。
やりたいことがあるならやっちゃえばいい。

伝えたければ伝えればいい。

いつも思っていることがあります。
・これやったらうまくいくかな?
・これやったら何か言われるかな?
・これやったらどう思われるかな?
始めてもいないのに、そんなことばっかりです。

アイデアは湧くのに、行動に躊躇してしまう。
先延ばし、棚上げ、そんなことばっかりです。

もっと伝えたい。もっと教えたい。もっと話したい。
好きなんだからしょーがないよね。
誰に何と言われようと、好きなんだもの。
と思っているのに、なかなか行動に移せないんだよね。。。

こないだ娘と一緒に観ていたテレビにドクターが出演していました。
大圃研(おおはた・けん)医師。内視鏡手術のスペシャリストです。
情熱大陸にも出演経験のあるスーパードクターです。
無知なボクは初めて存在を知ったんですけどね。

興味を引いたのは、
内視鏡を扱うスキルを基本的に「独学」で学んでいったという点。
しかも医局に属さず、自分流を貫き、自分のやりたいことをとことん突き詰めていった点。

それなのにその技術を自分だけのものにせず「内視鏡手術の技術を伝える活動」を国内のみならず、中国やロシアなど海外にも伝える活動をしている点。
ちょっと風変わりな髪型やファッションをしている点。

なんかカッコよくないですか?
久々にグッときました。惹きつけられました。

魅力的なドクターだな~って。
こんなタイプの人に憧れちゃうよな~って。

▲内視鏡って奥が深いんですね。畑違いだと何にもワカリマセン。整形外科分野なら多少は分かるんだけどね~。

自分らしくやればいい。

「大変でしたけど自分がやりかたっただけですから」
「自分の技術だとしてもできる人が増えないと意味ないですから」
「海外なんて報酬は大して出ません。金銭的には国内で仕事をしていた方がいいです」
「中国だと土日の一泊二日で講習をして、月曜日からは自分の患者さんを診ます」

テレビでこんな事をおっしゃっていました。
スーパードクター過ぎます。
久しぶりに「憧れる」人を見た気がします。

もちろんこれは表面的なものです。
大圃先生のことをホンの少しも知ったわけではないです。

でも憧れる時なんてそんなものだったりもします。
かえってよく知ってしまったら行動に移せなくなるしね。

あらためて思うのは「自分は器の小さい人間だ」と。
自分でも技術とか、考え方とか、それを「伝えたい」と思っているのに。
しかもそれをやるのが「好き」なはずなのに。
でも「うまくいくかどうか」そればっかり考えている。

失敗が怖いからね。もうイヤなんだよね。
忸怩たる思いをもう味わいたくないんだよね。

迷っていたことがあったけど吹っ切れました。
やりたいんだからやっちゃえばいいや。

自分の持っている技術などを「死ぬ前に」伝えておきたい。
これは常日頃から思っていることなんです。

一度死にかけているからね。人なんていつ死ぬか分かんないんだから。
あの大杉漣さんも突然亡くなってしまったし。

とはいえ、知りたい人、学びたい人がいるのだろうか。
やったところで人は集まるのかしら。
そんな漠然とした不安が常にあったけど、もういいかな。

もっと伝えたい。もっと教えたい。もっと話したい。
やりたいんだからしょーがないよね。
誰に何と言われようと、自分がやりたいんだもの。

 

他人の目を気にしてできなくなっている。
他人の目を気にして表現できなくなっている。
もしかしたらボクと同じような人もいるかもしれないね。

やりたいならやればいい。やるしかないじゃん。
後悔だけはしないように生きたいよね。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え