体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。
どうやって伝えるのかを考えるのが大切。
それを実行し続けることしかない。

伝え方は本当に大切です!

先日開催した「初心者OK!体験型テーピング講習会」
おかげさまで参加して下さった皆さんから大好評でした。

参加者は6名。
柔道整復師2名(1名は資格取り立て)整体師、歯科医、ウチの患者さん2名。

正直言って、こんなに集まると思ってませんでした。
今までだって大してテーピングセミナーの反応なんてなかったし。

しかもブログでしか告知してないし。
FacebookとTwitterでシェアしただけですもの。

ボクが思いつきで「やってみたい!」と実行に移しただけで。
一人でも参加者がいたらやってしまおうと思ってやってみました。

今まで集まりが悪かったのはボクのリリースの仕方が悪かったんです。
過去に開催してきたセミナーだって「初心者OK」だったんですよ。
しかもテーピングセミナーはすべからく「体験型」の講座にしています。

でも治療家に来て欲しかったのは事実です。
もっと助けられる患者さんが増えるし、喜んでもらえることが増えると信じていましたから。

それも含め、セミナータイトルも含め「全く伝わっていなかった」ってことです。
本当に恥ずかしい話ですし、今まで何やってたんだろうね・・・。

▲集められるだけ各社のテーピングを集めてみました。この写真はその一部だけです。テープの違いも体験してほしかったからね。なかなかこんなテーピング講習会はないよね。

テーピングそのものに誰も興味はない。

ボクは学生時代からテーピングを学び始め、足かけ25年ほどになります。
テーピングのメリットもデメリットも知っています。
テープそのものの良し悪しも製造現場の責任者とコンタクトがあるので分かっています。

でもね。誰もテーピングを知りたいなんて思ってない。
テーピングでできる「体験」が知りたいんですよね。

勝手に思っていたんです。
テーピングはそれなりに認知度があるって。

ほとんどの人は知りませんし、知ろうとも思わないでしょ。
テーピングで足が速くなるなんて思わないし、痛かったらテーピングではなくサポーターを選ぶでしょ。
認知度なんて本当に少ないし、知らない人の方が圧倒的に多い。

一般の人はテーピングでできる「体験」が欲しいんだと思います。
テーピングではなくてもいい。ただのツールに過ぎないですから。
そして治療家は体験の先の「売上」に目が向いてるんですよね。

ボクはそれを見誤っていました。
体験はしてもらうことができますが売上は作って上げられません。
だからあえて「初心者OK」として、治療家に参加してもらうことを講習の目的にはしませんでした。

本当に初心者が来てくれたし、結果的に治療家も参加してくれた。
しかも第二回の開催も決まりました。
それも含めると今のところ12名が参加してくれることに。

そしてそのままベーシックコースへ参加することになった人も。
テーピングのことが少しでも伝わった、体験ができたということでしょうね。

▲講習後はアンケートを書いていただきました。これは次回以降の参考になります。こうやってブラッシュアップしなくっちゃね。

▲懇親会も盛り上がったな~。患者さんはお帰りになったけど残りのメンバーでたくさん話しました。懇親会は濃い話が多くなるよね~。

第二回は埼玉県鴻巣市での開催です。
まだ少しは入れるのかな?たぶん大丈夫だと思うけど。

興味のある人、参加申し込みはコチラから。
「初心者OK!体験型テーピング講習会in埼玉」

今後もそんな体験の場を増やしていきます。
ブログでお伝えしますので読者登録しておいてくださいね(笑)

 

テーピングマスター
やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket