*

集中力があると見えるものが変わる

こんにちは。サイモン山田です。
いや~。今日はめちゃくちゃ忙しかった・・・。
お待たせしてしまった患者さん、ゴメンナサイ。
そして、ありがとうございます!!!

さて今日のテーマは、

集中力で見えるものが変わる

ここ最近で予約の枠を広げたわけですが、僕の中にちょっとした変化が出てきました。

「一人で治療しているから」
という理由もあるのですが、予約治療の時の集中力の高さがハンパない!

時間を忘れるような感覚。
患者さんの痛みを訴えている点が、線に見え、面に見え、最後には立体的に見える感覚が、湧き出るように感じます。
これは、治療家ズ・ハイ(笑)
よくいうところの「ゾーン」に入ったかのような感覚です。
ハンパなく、五感が研ぎ澄まされたような感覚。

前にも似たような経験がありましたが、今回の感覚は本物だと感じます。
予約の枠を広げてよかった~。

今までも来院してくれている患者さんなのに、もっと広く深く治療ができるような感覚。
治療家冥利に尽きますね、こんな感覚は。

これ、言語化できないかしら?
言語化できたら、セミナーにしてみたいな~。
月曜日にビジョンを話したばかりだから、余計に降りてきているような。
ちょっとした治療のコツが、改めて分かったんです。
手に目がついてるような、何て表現していいやら、不思議な感覚でした。
朝から「先生の手は温かいね~。何か出てるんじゃないの?」って言われたり。

手そう言ってもらえてありがたいことですね。
でもこの手からは何にも出てませんよ。たぶんね。

そして今日は、午前も午後も忙しく治療をしていました。
忙しいのに、治療の感覚が変化しているから、何だかとても心地いい。人間の感覚って不思議です。

今日は自分のことばっかりで、な~んにも参考になることはないかな。
治療がバージョンアップした!ってことをどうしても書きたかったので。
ご勘弁を~!

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
病んでいる、悩んでいる人にその言葉はかけないでおくれ・・・。

それは人のためを思っての言葉かな? 自分が言いたいだけなんじゃないかな

筋トレが嫌いな人間の魂の叫び。筋トレしないとダメな世の中なの?

筋トレはトレーニングは大切。 自分の思い通りにカラダを動かせなかったら

体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか