選ばれた理由は「テーピングすれば試合に出られるかも?」と思われたから

こんにちは。サイモン山田です。
久しぶりに子供とキャッチボール・サッカーをしました。
マラソン大会の練習まで・・・。筋肉痛になるかもな・・・。

さて今日のテーマは、

選ばれる媒体を使うこと!

金曜日・土曜日と、骨折の患者さんが来院されました。
予約治療の日でしたが、外傷でしたので時間外でやりました。ホント特別(笑)
ここで断ったら、柔道整復師の名がすたるってもんです。

外傷ではありますが、約1ヶ月前に足の甲を骨折した学生さん。
「どうしても日曜日に試合に出たいから、テーピングで何とかなりませんか?」
カンタンに言えば、こんな要望でした。

ハッキリ言って難しいです。
・まだ骨もしっかりくっついていない
・痛みもかなり残っている
・ずっと固定をしていたため関節が硬い
・むくみもかなり強い
こんな状況下で、たった2回で結果を残さなくてはならない。
ハードル高すぎでしょ!

僕の出した答えは、
「その試合に出たいなら、何とかするからさ。でも骨に異常が出たり、痛みがひどくなる可能性はあるよ。それでもいいのかな?」
本人は「それでも出たい!」ということでした。

ならば、全力でやるしかありあせん。
まず「両足で真っ直ぐ立てない状態」でしたので、そこから。

関節も硬く、むくみもひどい。痛みもあるから足に体重が乗せられない。
物理的にこんな状況で、しかも精神的にもかなりビビっている状態。

まあ何とかなるもんです。体験的に分かっていますから。
「大丈夫。何とかするから。心配すんな」
そう言って、スペシャルなテーピングをし、金曜日の治療を終えました。
だって帰りには普通に立っていましたし、松葉杖がジャマそうだったし。

テーピング

やっぱりテーピングってスゴイ。
キネシオタイプのテーピングのみで処置しました。

そして土曜日。
本人はかなりビックリしていた様子。
「先生!むくみが全くないんです!スゴイです!」
「よかったね〜。大丈夫って言ったじゃん。日曜日も何とかなるよ」

またまたスペシャルなテーピングを施し、スピンもできるように。
あ、競技ダンスをしている学生さんだったんです。
高いヒールを履いて踊る、あの競技です。

僕ができることは全力でやりました。
さらにテーピングの可能性を感じた瞬間でした。
久しぶりに自分のテーピングに惚れ直しました(笑)

写真とか動画で残しておけばよかったな〜。初診の患者さんじゃ難しいけど。
そのくらい劇的な変化だったですからね。

選ばれる理由、やっぱり「ここなら何とかなるかも?」って期待感です。
そしてその後押しをしたのが、ズバリ「ブログ」でした。

この患者さんのお母さんが、テーピングで端から端までサイトのチェックをしたそうです。
決定打は「テーピングマスター」「ブログ」「動画」このあたりでした。

ここで確信。選ばれる時は「ホームページ」じゃないってこと。
自分のことを、スキルも気持ちも含めどうやって開示し続けるのか?
やっぱりコレしかないんです。

これが分かったので、やりたいことが明確になりました。
やらないことも明確になりました。
あの学生さんのおかげだな、ありがとうね〜!

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket