SNSをやっていなかったらヤバかったかも。

こんにちは。治療現場復して嬉しいサイモンです^ ^
復帰初日はさすがに疲れました。でもカラダは慣れてくるものですね。
やっと治療家って名乗れるようになってきました。

復帰してあらためて実感すること。

ちょうど2ヶ月間治療現場を離れていました。
復帰に向けて既存患者さんに現場復帰のお知らせのお手紙を出しました。
Facebookでもブログでもそのことを書きました。

でもね。。。不安ばかりでした。
誰も来なかったらどうしよう。
もしかしたらみんな愛想を尽かしてしまったかも。
毎日開いている他の整骨院に行ってるかも。
そんな不安ばかりが募りました。

ハッキリ言って不安しかなかった。
自分の体調に対してもそう。午前中は妻が一緒に働いていますが、
もし一人の時に何かあったら。
もし痛みが出てきてしまったら。
もしうまくカラダが動かせなかったら。
そんな不安ばかりが募りました。

これだけ治療院の数があり、リラクゼーションサロンがありる中で、僕のところに来る理由なんてあるのかな。
他の治療院の方が待たないし。他の治療院の方が休まないし。
他の治療院の方がいいんじゃないか?
一度この思考パターンにハマるとなかなか復活するのは大変です。

個人の治療院経営者で、事情はあれど、2ヶ月間治療院を休んだ人なんて、たぶん僕だけなんじゃないかな(苦笑)
一週間休むのでも躊躇する経営者さんは多いことでしょうし。
実際にあまり休まない治療院は多いですし。

2ヶ月休んでみて思ったことは?

自信を持て!オレ!

ってことでした。

しっかり治療もしていた。
しっかり情報発信もしていた。
しっかり患者さんとコミュニケーションも取れていた。
しっかりSNSもしていた。

まだ復帰して一週間しか経っていません。
まだまだ体調も万全とは言い難い状態ではあります。
(っていうかこれから先、カラダが万全な状態になんてならないな)

それでも思っていたより患者さんは戻ってきてくれています。

治療内容も治療スケジュールも大幅に変わりました。
僕が独立開業当初に「売り」にしていたこともやめちゃいました。

何でそれでも戻ってきてくれたんだろうね。

ハッキリ言ってしまえば「情報発信していたこと」に尽きるでしょう。

もし何もせずただ復帰だけしていたら?
SNSで発信していなかったら?
お手紙を出していなかったら?
たぶんほとんどの方が来院していないと思うんです。

しっかり治療し、しっかり関係性を作り、しっかり情報発信をしていた。
だから復帰できたんだと確信しています。

だって復帰後来てくれている患者さん、みんなブログを見てくれている。
僕の病気のこと、リハビリのこと、理解してくれている。
だからスムースに復帰できたんです。

もしSNSをやってなかったら、ヤバかったな。。。
コレが実感です。

120601初日に届いた贈り物。こんなに届くとは思ってもいませんでした。
皆さんありがとうございます!

ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket