*

水分不足、睡眠不足。これが大敵だった。

こんにちは。週末の治療現場よりサイモン山田です。
外は雨。なのに連日の予約満員。本当にありがたいです!

自分の不得意部分を認めること。

体力だけには自信があったのにな~。。。
病気してからというもの、体力に全く自信はありません。
なので食事にも気をつけていますし、疲れを溜めないようにしています。

それでもちょっと疲れてきたな~、と感じる時が当然のごとくあります。
その中でも顕著に現れるのが、僕の場合は水分不足と睡眠不足の時です。

まずは水分不足から。

病気する前も水分補給には気をつけていたんですが、今は水分不足になると顕著に体調に表れる感じがしています。
水分不足というよりは、老廃物が外に出ていってない感じがするんですね。
だから疲れが溜まってくる、そんな感じがするんですよね。

午前中に何度もトイレに行く時は、僕にとっては体調のいい証みたいなもので、ある種の体調のバロメーターです。
特に今は水分をこないだブログにも書いた水素水に変えているので、よりダイレクトに老廃物が溜まっているのが分かる感じです。

021002僕にとっては必需品の一つになってしまいました。
賛否両論あるみたいですが、僕はいいと思ってますので。
実際に整骨院においたらけっこう売れてます(笑)

そして睡眠不足。

僕、病気前までは睡眠には自信がありました。
多少は睡眠が短くても大丈夫!という変な自信ね。

時間が惜しいというか、睡眠を短くしても本を読んだり、調べものをしたり、資料を作ったりと、そんなことをしていたんです。
一日が36時間あればいいのにな~、なんて本気で思っていました。

そして病気後。療養中は毎日タップリと睡眠をとってましたから、睡眠不足になると顕著に疲れが出てくるんです。
前は3時間寝れば平気!そんな勢いでしたが、今は6時間以上寝ないと疲れが溜まる、そんな感じがしています。

単純に考えて、以前から比べたら3時間以上は何かに取り組む時間が減っているわけです。
でもね、それならそれでできることを考え始めるわけです。
するとおのずと集中力も違うので、それまでよりかなり効率良く仕事ができているのが不思議。何だか変な気分ですけどね。

そしてより効率良く睡眠をとろう!ということで、いろいろ試しました。
結果、行きついたのは。枕???布団???

 

だから枕を販売!なんて、しませんよ(笑)

 

枕なんて、その人のカラダつきで、高いのがいい、低いのがいい、いろいろな要素があるわけです。
しかもベッドのマットレスや布団の柔らかさ&硬さでも変わってしまうもの。

枕や布団が合う合わないの前に、カラダを何とかした方がいいですよ。
僕ならその上でどんな枕がいいのかをお話ししますので。
だから枕は売りません(笑)。水素水は売ってますけどね。

それでも枕やベッド、布団などで何とかしたい人はココに行って下さい。
「ためせるふとん屋市川」です。僕の友達です。
ココの取り扱ってるモノなら間違いないし、とにかく市川夫婦がステキなご夫婦ですので。
僕もココのベッドで一晩寝たことがありますが、とにかくグッスリ眠れました。

睡眠不足は僕の不得意部分になった。。。

自分でハッキリ認めちゃいます。不足すると体調に影響が出ちゃう。
もうみんなと夜更かしはできないので、ご勘弁下さい。。。
体調が優れない方、疲れが溜まって抜けない方、水分と睡眠の二つを意識してはいかがでしょうか?

今の僕はやらないことがあります。それは「サプリメントとか栄養ドリンクに頼らない」こと。
余計なものを入れれば、排出するのにまた余計なエネルギーが必要になります。
摂取して一時的に疲れが抜けたとしても、それは一時的なものに過ぎないんです。

サプリメントは継続的に何かを補うことで効果が出るわけです。
これはこれで大切ですので、否定しているわけではありませんので。

でも栄養ドリンクはただのカンフル剤ですよ。
カフェインを大量に入れれば、そりゃ元気になった気がします。
でもこれはけっこうヤバイよね。僕もしょっちゅう飲んでたので分かります。だけどもう飲みません。

あくまでこれは僕の私見ですからね。
サプリメントも栄養ドリンクもお好きなようにして下さい。
いずれサプリメントは再開しようと考えていますが、栄養ドリンクはもう飲みません。

水分をしっかりとって、睡眠をタップリとること。
これで僕の健康は何とかなるということが分かりましたので。
疲れ、溜めないように。してね!
ではまた!

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
筋トレが嫌いな人間の魂の叫び。筋トレしないとダメな世の中なの?

筋トレはトレーニングは大切。 自分の思い通りにカラダを動かせなかったら

体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。