*

ないもの探しではなく、あるもの探しをする。活路はそこから見い出せる。

こんにちは。治療現場からサイモン山田です。

ないところからは何も生まれない。

先日のフロリダ族のサポート講師のことをちょっと書きますね。
サポート講師を始めてから早いものでもう一年以上が経過しました。

022601ステップアップコースも第三期を迎え、全5講のうち折り返しの第3講を終え、ラストスパートに入りました。
僕はあくまでサポート講師ですので「かっちゃんの講義」「考え方やあり方」の翻訳というか、僕なりに違う角度から見た伝え方をいつも考えています。
でね、今回の第3講のワークで僕の立ち位置をハッキリ確認できました。

それは
①僕は常にやる側だったということ
②そういえばイメトレのトレーナーだったということ(笑)

この二つ、実は方向性が正反対なんですよね。
①の「やる側だった」というのは「ない」状態がアタマにあり、常に足していく作業になります。
だからこの状態が続くと、やることだけが際限なく増えていき、終わりのない作業になっていくんですね。

というのは、ある程度まで到達したら、また「ない」状態に目が行き、そこからまた足していく作業が始まるわけです。
もちろんある程度は効率が良くなってはいますから、初めよりはマシにはなっているんですけどね。

②の「イメトレのトレーナー」という点では、僕の解釈では「今あるもの」にフォーカスすることがまずは大切です。
そしてそのあるものを「どう捉えていき」、かつ「どう使っていくか」が重要になってきます。

この場合は「足す」ということより、自分にあるものを認識することからスタート。
そしてそのあるものを、どうしていくかってことになります。

例えば、目標設定。
①の状態ならその目標(事実)は今は手元にはない。
要するに「満たされていない」状態からスタートします。

②の状態ならその目標(事実)はイメージの上では「満たされている」状態なわけです。
この①と②の違い、けっこう大きいと思いませんか?

フロリダ族のワークで僕の思考がうまく働いたのは?

僕はメンバーの中に「もうすでにある」「イメージできている」という前提。
その状態で各メンバーのサポートをしていたんですね。

だから僕の中では各メンバーは「もうすでにできている」「うまくいっている」イメージなんです。
あとはメンバーから出てきた意見や素材をどう組み合わせ、どうつなげていくか?
僕はそれのサポートをしている、そんな状態なんです。

だってね、かっちゃんの話していること、その方向性を愚直に踏襲していけば、うまくいくと思うんです。
ただまだそれがうまくイメージできないだけなのかな?って。

かっちゃんは先導役、導く人です。先頭を走っている人です。
僕は背中を押す役、おせっかい役です、きっと。

もし列があるならば、先頭はかっちゃん。一番後ろは僕。
そして遅れる人、道に迷う人が出ないように、って考えるのが僕の役割ですから。

みんな人それぞれに価値がある。
なんて僕の口から言うことではないのかもしれないけれど、実際にワークをしていて見つけちゃいました。
だから勝手に僕の中ではイメージができているんです。

あとは愚直にコツコツとやればいいだけ。やり続ければいいだけ。
少なくとも僕はそれで活路を見い出してきましたから。

ヤバイね。フロリダ族。これからもっと盛り上がっちゃうね。
微力ながら僕も全力でサポートしますよ。
ではまた!

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ

なんでSNSをやっているのかしら?理由はあるのかな?

理由もなくやっているからつまらなくなる。 誰かにやれって言われたからや

身体関係の仕事の人はマジメ。SNSをもっと使えばいいのにね。

身体関係者の人はマジメな人が多いです。 だからこそ自分をもっと表現した

悩みや迷いがある時の対処法を持っていますか?

目の前の人に貢献し続ければいい。 自分にはそれができるのだから。 持っ