*

資格は重要です。でもそれで選ばれるわけではない。だから。。。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
外は爽やかな天気です。どっか遊びに行きたいくらい。

柔道整復師なんて、みんな知らない(苦笑)

仲間や友達に紹介されたり、ブログで取り上げられたりする時に「整体師のサイモン山田」と言われることがけっこうあります。
僕の資格は国家資格の「柔道整復師」という資格。
だから整体師と言われることには少なからず抵抗がありました。以前はね。
注)整体師は資格ではありません。詳しくは僕に直接聞いてね。

でも今はどうやって紹介されてもいいかな、って。
「揉み屋」とは言われたくないけど。
マッサージ屋とは紹介されないな。僕はほとんどマッサージはしないから。
注)マッサージは国家資格を持った「マッサージ師」しかできないのよ、ホントはね。

整骨院は「電気かけてマッサージしてくれるところ」と言われ続けています。
僕はこう言われるのが、思われるのが、若い頃から本当にイヤでイヤで仕方なかったです。
でも実際はそんなところが多い(苦笑)
ウチは違うんだけどね。。。

例えば、患者さんが僕の整骨院にいる時に携帯電話がかかってきたとします。
もしその会話の内容が「今?電気かけてマッサージしてもらってるの」って言われたら?
これはホントにイヤです。
そんなつもりでやってないのにさ。ガッカリしちゃいます。

0051401▲資格は重要です。それはそれで間違いない。でも資格では選ばれない。
 治療業界の人はそれが分かっているのだろうか?

もう整体師だろうが、マッサージ師だろうが、言われ方はどうでもいい。

言われるのが「今?整体してもらってるの」ならばまだいいかな。
それよりも「今?ヤマダにいるの」が僕にとっては一番嬉しいかな。
治療してもらってるでもなく「ヤマダにいる」がいい感じがします。

もともと柔道整復師って何が何だかよく分からないでしょ。
だから整体師と呼ばれてもまあ仕方ないよね。
だって他から見たら大差ないし、資格の有無だってよく分からないし。
もっと言えば「何をしてくれるところなのか?」すら分からない。

保険適用の可否、不正請求などいろいろな問題が山積している整骨院業界。
それ以上に、僕たちが、
・どんな仕事なのか?
・どんな時に役に立てるのか?
・どんなことをしてくれるのか?できるのか?
・その反対も含め、どんなことはできないのか?
こんなことを情報発信していないから資格のこともよく分からないし、そもそも「何をするところなのか?」さえ分からなくなってるんです。

資格は資格でとっても重要。これは本当にそう。
でも今の僕が紹介されているのは「柔道整復師」だから紹介されているのだろうか?

たぶん違うと思う。
柔道整復師だからではなく、僕だから。サイモンだから。ヤマダだから。
仲間や友達、患者さんはそうやって紹介してくれているはず。
「いい柔道整復師がいるから紹介するよ」とは決して言わないはず。
こんな言葉を使うのは業界内の人だけだから。

資格ではなく、人で選ばれるようにならなくちゃね。
あ。でも技術はあって当たり前ですよ。毎回くどいようですがコレは大事!

明日のセミナーのことを考えながらそんなことを感じていました。
ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ