ゼロから1にするエネルギー。これは人がもたらしてくれるもの。

こんにちは。セミナー会場よりサイモン山田です。
ってか、会場はやまだ整骨院ですけど(笑)
これから最終講。ガンバリマス!

ゼロから1にするにはエネルギーが必要。

セミナー然り、講習然り、主宰としてゼロから1に立ち上げる瞬間があります。
その時の主宰者としての自分は、相手にとっては海の者とも山の者とも分からない、そんな感覚なのではないでしょうか。

これが1から2以降になる時、ある程度の評価なり成果が出ているわけですから、そのセミナーなり講習に参加するか否かは分かりやすくなっているはずです。

立ち上げ時に参加してくれる人。
一期生で参加してくれる人。
この人たちが勇気をくれ覚悟を決めさせてくれる人たちです。

だからサイモン式テーピングマスターセミナー一期生の受講生の4人は、ボクにとってかけがえのない存在です。

0070301▲狭いけど、何にもないとけっこう広く見える院内(苦笑)
 今日も全出し丸出しでいきますよ~!手抜きができないという性格なのもありますけどね♡

でも実は行動するエネルギーの方がラク。

ゼロから1にするには確かにエネルギーが必要です。これはこれで間違いない。
でもね、実は行動を起こすより、辞める時の方がよっぽどエネルギーが要るんです。

ボクは数年前、オリジナルテーピングを使いながら、テーピングインストラクターも養成していたことがあります。
それが諸般の事情で頓挫してしまい、インストラクターはじめ、関係していた方々に多大な迷惑をかけてしまったことがあるんです。
それなりにうまく動いていたために、余計に迷惑をかけてしまいました。
大した行動じゃなければ迷惑も最小限で済んだのでしょうけど。

だから今回のテーピングセミナー再開に関しては、自分自身の覚悟がなかなかできなかったんです。
テーピングセミナーなどの活動を再開したら、もう二度とやめたくないから。
一人ではできないことなので、周りの人も巻き込んでしまうから。
それこそボクにとっては相当の覚悟が必要だったから。

本当にやるのはカンタンです。
ワクワクする部分があればなおさらです。

でも辞めるとなると。。。?これはホントに大変です。
ワクワクなんて出て来ないし。

よく「やったことがある人しか分からない」って言うけど、本当は「やりはじめて軌道に乗って、辞めたことのある人しか分からない」なのかな。
(結婚よりも離婚の方がエネルギーが要るって聞きますね。。。)

しかし、でも、それでもやろう。一歩行動を起こそう。
だいたい、やめることなんてはじめから考える必要ないから。
そもそもやめることを前提に何かを始めることなんてしないでしょ。

今日で4人がベーシックコースを卒業することになります。
+ボク。そして菅原先生(九州は菅原に任せるつもりです)で、計6人。
環境も人も少しずつですが整ってきました。
ね。もしこれでやめるとしたら相当のエネルギーが要るでしょ。。。

でももうやめないけどね。ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket