*

プレゼンに通ったのはエクスマを学んでいたから。治療家もエクスマを学んだ方がいいと思うけどな〜。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
昨夜から雨が降り続いていますね。気圧もバッチリ下がっています。
体調不良になりやすいね〜。気になったら早めに対処しましょうね!

エクスマを学んでいて本当によかった!

約一ヶ月前のこと。
ボクはテーピングの新商品に関する仕事でプレゼンをする機会がありました。
新商品の総合監修をする・しない、そんな話をいただきプレゼンに至ったんです。

完全に初対面の相手。
しかもテーピングのことをほとんど知りません。
久しぶりにけっこう考えました。
こんな機会は滅多にないことだしね。

結果から先に言えば、見事にボクが選ばれました。
冷静に考えてみても選ばれるには十分すぎるくらいの理由がありました。

それは「エクスマ的なプレゼンをしたから」です。
これに尽きると思います。

資料を作るに当たり、一番先に考えたのは、
「相手に面白がってもらうこと」です。

ベースとしては、
「テーピングって面白い、この企画なら面白い、コイツなら面白い」
そんな風に思ってもらうにはどうしたらいいのかしら?
ここからスタートしました。

スクリーンショット 2016-12-14 11.33.48▲使ったスライドはこんな感じ。これは話していてボクも楽しかった。
こんな視点でテーピングを話していくのって最高に楽しいです。
プレゼンですが、ボクが楽しくて仕方がなかった!

エクスマは何にでも応用可能だったんだ!

まず序破急の構成。
当然ですが自己紹介にも気を使いました。
エクスマ方程式を使った基本的なマーケティングの事柄。

最後にテーピングの実技。ここはエンタメ重視です。
この実技の中にもシナリオを考え、序破急で構成しました。

まずはちょっと驚いてもらい、そしてテーピングで面白がってもらいたい。
その後にもっとビックリさせて、最後に「コレ、魔法のテープだわ!」って思ってもらえたらいいな、と。

アタマで描いたシナリオ通りにうまくいきました。
これは自分でもビックリするくらいの反応だったな〜。

セミナーや講習でスライドを使う、序破急を意識することは今までにもありました。
でもプレゼンともなれば、ボクの仕事ではなかなか遭遇することはないです。
まあ普通に治療現場にいたらまず皆無でしょう。

でもね治療家のボクでもできちゃった。

 

 

できたのはボクがスゴイから!!!

 

 

と言いたいところですが・・・苦笑。
そうではありません。当たり前ですが。

 

 

できたのはエクスマを学んでいたから!

 

 

コレに尽きます。

ボクはプレゼンをするためにエクスマを学んでいたわけではありません。
自分の仕事=治療に活かすために学び始めたんです。

もちろん治療現場でもエクスマは活きています。
セミナーでも講習でも活きています。

エクスマはしっかり学んで、しっかり活用していけば、どんな場面にも応用可能です。
これを身を持って体験しました。

今回のプレゼンも「テーピングの総合監修」のプレゼンなのにもかかわらず、ボクは「相手が何を欲しているか?」を考えました。
その中にマーケティング的な要素をふんだんに盛り込みました。

だって相手は治療家ではなく、会社です。
つまりBtoBのプレゼンなわけですよね。

だとしたら「テーピング制作」の先に「売上」「利益」のことは当たり前のように気になるはずです。
ボクが直接関与するかどうかは分かりませんが、そこまで理解した上でテーピングの話をした方が相手との距離感は近くなりますからね。

だから。
エクスマを学んでいたから、ここまでの仕上がりになったんだと思います。
そして選ばれることができたんだと思います。

治療家でもエクスマは100%、いや200%活かせますよ。
治療家にはマーケティングは必要ない!と誰かが言っていたのも知っています。
まあ人それぞれですけどね。

エクスマをただのマーケティングと思うなかれ。
そう考えているのは上辺しか見ていない証拠なんだけどね。

長くなっちゃいましたが。
これでボクの夢、目標でもある「オリンピック」に一歩も二歩も近づきました。
ガッツリ関われると間違いなく確信しています。

エクスマを学んでいて本当によかった。。。
いつもありがとうございます!ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
足の疲れを取る、疲れにくくするテーピング、あります。

足の疲れに効くテーピング。 たった一枚貼るだけで効果アリ。 姿勢の

腰痛・肩こり、どこに行けばいいのか分からない。信頼できる人の言葉を信じて行動するのが一番です!

治療を受けたいなら有資格者のところに行きなさい。 無資格者のところでい

行き詰まる時の共通点はある。ピンチを脱出する時の考え方とは?

基礎や基本は本当に大切。 土壇場ではそれが表に現れる。 だからこそとこ

ライブ&リアルと、動画の差は当然ある。両方を融合させる使い方を考えよう。

ライブやリアルは伝わりやすい。 動画だと伝わりにくい。 たぶん伝え手の

勝ちにこだわる姿勢はいいのか、悪いのか?

負けるより勝った方がいい。 スポーツをやるならガチでやりたい。 それは