*

捨てれば、手放せば新しいものが入ってくる。

いくらお願いしてもそれだけでは叶いはしない。
叶うのは自分が執着を手放し、動き始めた時。
取捨選択することも必要。

捨てる選択肢があるかないか?

ボクはそもそも捨てることが大の苦手です。
物欲があるというよりは、物を捨てられないんです。

それは以前から「ある」という感覚や感情になったことがあまりないからなんですよね。

お金にしろ、選択肢にしろ「ある」という記憶がないんです。
あるという感覚がない、つまり「ない」から、どんどん増やすことしかしてきていませんでした。

だから捨てられないし、捨てるのが怖くてしょうがないんです。
でもよくよく考えてみたら「ある」ことの方が多いんですよね。

あるとそれが当たり前になっているだけで、あることに気づいていないだけなんです。

そう、ボクにはあったんです。
数え切れないほどのギフトがあったんです。

それに気づくまでにこんなにもかかるとは思いませんでした。
もともと持っていようが、後から足されたものだろうが、あるのが当たり前になっているものほど気づかないし、捨てることができないんです。

なくていいものならもちろんカンタンに捨てられます。
あって当たり前になっているものほど「なくなる」ことに不安を感じるもの。

なくなるなんて想像していないわけです。
つまり捨てることも、手放すことも考えでいないわけですし。

でもそれがなくなっても自分がなくなるわけではないんです。
ボクはこの部分をすっかり勘違いしていました。

▲いくら神様にお願いしたって叶いはしない。何が本当の望みなのか?しっかり取捨選択しないとオーダーは届かないからね。

手放せば、そこに新しいものが入ってくる。

今までは必死に足して足して足しまくっていました。
捨てる選択肢なんてものはなく、手放すのも怖かったんですね。

足した上でそれをどうやって活かそうか?ばかりを考えていました。
それはそれで間違いではないとも思いますけどね。

取ることばっかりを考えていました。
捨てるなんてことは選択肢にはなかったし、足し算ばかりで引き算なんて考えられなかったんです。

断捨離ってありますけど。
あんなことやったってさ、意味ないじゃん。
ボクは勝手にそう思っていたし、そう解釈していました。

でも間違ってたな。
要るもの、要らないものをよく考えず、ただ手放すのが「モッタイナイ」から取っておいてるだけ。

断捨離はモノの問題ではなく、結局は心の問題なんですよね。
知っていたのは言葉だけで全く中身を理解していなかったな。

手放すことをためらったとしても、手放せばそこには必ず新しい何かが入ります。
エネルギーのバランスはそういうもの。

そしてボクの過去の体験からしてもそういうもの。
それを体感するために手放してみました。

正確にいうと手放すというより「委ねて」みました。
自分で何とかするのではなく、成り行きに任せるといった感じです。

吉と出るか?凶と出るか?
ちょっとワクワクしている自分がいるのが面白いです。
手放す、捨てる、委ねることを決めると、こんなにも気持ちが楽になるとは。

 

ちなみに。
ボクは神様にお願いごとはしません。
「いつもありがとうございます。今月もよろしくお願いします」とだけお伝えします。
毎月、必ず新月後にお参りするのと、時間のある時にはご挨拶に行きますので。

次のお参りでは手放す報告をしに行こうかな、と。
だっていつも見守ってくれているから、お礼参りではないけどちゃんと報告しなくちゃね。

神様を信じること=自分を信じること。
ボクはそう理解していますので、神様への報告=自分への報告です。

つまり自分に対して、次の行動への宣言です。
断捨離して、次のステージにさっさと進もうっと。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ