*

ウソつきは淘汰される時代になる。

なんで誰でも成功しないのか?
だからあんなに書籍が売れるんだよね?
その通りにいったら売れないもんね。

世の中はウソだらけだ。

自己啓発系の書籍が大好きでした。
正確に言えば今でも好きですし、興味がある書籍ならたまには読みます。

心理学系の書籍も好きです。
これは今でもそうですし、実際に施術現場で活かされています。

いわゆる成功法則が大好きな頃ってあったんですよね。
今でも成功したいと思ってはいますから、大好きではあるんでしょうけど。

成功ってなんなんだ?幸せってなんなんだ?
ポン酢しょう油がある家ではないのは確かです。

でも毎日のように成功法則的な書籍が出てくるのって不思議です。
実際に成功者が著者なんでしょう?

その書籍がウソついてるってこと?
だからまた新しい書籍が出てくるってこと?

もちろんそんなわけではないはずなんだです。
でも客観的に考えたら「ウソばっか」って思ってしまう。

というのは結果的に成功も失敗も「行動」の結果だから。
どの書籍を読んでも行動に関しては、ちょこっとしか触れていない気がするんです。

その本質を書いたら「そりゃそうでしょ」って感じですから。
だからさも「新しいネタです!」的なものをどんどんリリースしてくる。

好きだからそれにハマって読んでしまうわけですけどね。
最近は小説を買う割合が高くなってきましたが。

▲これで成功するってのは「行動すればね!」ってことなんですよね。本質はやり方ではなく「行動するか、しないか」ってことなんじゃないのかな~。

ウソつきになりたくなかった。

正直者はバカを見る。
この言葉を信じたくはないし、信じてもいないのだけど。

この仕事、真っ当にやればやるほど「何かおかしい」んです。
この業界特有の「ウソ」をつきたくなかった。
これは業界関係者なら薄々分かっていることでしょうけど。

ウソをつかないで真っ当にやることを考えていました。
それは間違いではないし、それに賛同してくれる人もたくさんいるけどさ。
患者さんには本当に恵まれていますので感謝感謝です。

 

だから。
歩みを止めてはならない。

どの業種であれ、なかなか陽の目を見ない人もいます。
みんなはどう思っているか分からないけど、自分もその一人だと考えています。

もうダメだ。やめちゃおうかな。
こんなことはボクだって今までに何度思ってきたか。

だけどさ、ウソつき連中に負けてたまるか!っての。
王道を行く、なんてカッコいいことではないけど、ウソをつくのはイヤなんだよね。

正直者でいたいのではなく、ウソをつく自分でいたくない。

結果、めっちゃ苦労した。
その苦労で病気になったのかもしれないし家族にも迷惑をかけている。
なかなか理解されないかもしれないし、理解できないだろうけどね。

 

3月がスタートし、あと一ヶ月で4月。
4月には整骨院業界は大変革が起こります。

保険で診てもらっている患者さん、これから保険適用では診てもらえなくなると思ってください。
ケガや原因のある人は診てもらえますけどね。

ウソをつかず、真っ当にやったら、半分くらいは倒れる危険があるんじゃないの?
ボクはそう予測しています。
健保組合や、厚労省が本気を出したらね。

今回はヤバイです。
昨年度から綿密に仕組まれているのが分かっているしね。

 

今までウソをつきながらやってきた人。
ここで精算されるかもしれませんよ。
だって自覚あるでしょ(苦笑)

真っ当にやってきた人。
今までの通りやっていればまず大丈夫でしょう。
それも自覚があると思います。

 

世の中、ウソつきだらけだ。
というのは半分本気の半分冗談。

行動すれば成功も失敗もセットでついてきます。
どうせならウソをつかず、真っ直ぐに歩いていきたい。

面倒くさいヤツだと思われるかもしれないけどね。
そんなの外野に言わせておけばいい。

ボクは医療人だと自覚しています。
だからこのままのスタンスを貫きます。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
病んでいる、悩んでいる人にその言葉はかけないでおくれ・・・。

それは人のためを思っての言葉かな? 自分が言いたいだけなんじゃないかな

筋トレが嫌いな人間の魂の叫び。筋トレしないとダメな世の中なの?

筋トレはトレーニングは大切。 自分の思い通りにカラダを動かせなかったら

体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか