*

マメにやっているからこそ伝わる

こんにちは。サイモン山田です。
秋が深まってきました。
先日患者さんから聞いた「秋刀魚のお寿司」食べてみたい…。
日本酒に合うんだろうな~。

さて今日のテーマは、

伝え続けているからこそ

今週いっぱいで、スタッフの菅原雄一郎先生が退職します。
それに伴い11月から診療スケジュールを変更することもあって、患者さん向けにお手紙を出しました。約600通くらいだったかな。

今回の手紙の最大の目的は「菅原が退職することを伝える」
ほぼそのために手紙を出しました。

これが嬉しいことに、現在来院していない患者さんが、わざわざ菅原に会いに来てくれているんです!
しかも中には菅原が治療したことがない患者さんまでも、わざわざ挨拶に来てくれているんです!

これってスゴイと思いませんか?

約2年半の間でしたが、菅原と患者さんの間にはしっかり関係性ができていたんです。

僕たち治療家はついぞ、治療を通じてだけ、コミュニケーションをとっていると思いがちです。特に僕のような経営者で治療家、そんな場合は顕著だと思うんです。

でも実際は違うんですよ。
今回のように直接治療をしていなくたって、コミュニケーションはとれるし、関係性は築けるんです。

もちろんこれには伏線があります。
僕たちは普段からありとあらゆる媒体で、患者さんに伝え続けています。
だから今回のような手紙でも、きちんと受け入れてもらえるんです。
今年ですでにハガキも含めて5回目の手紙です。
こんなことをやっている整骨院って、どれだけあるのかしら?
ほとんどないでしょうね。

菅原ブログこんな感じで動画も一緒に作っているしね。
しかし、この菅原は表情が固いね・・・。

菅原先生の退職までカウントダウンに入りました。
たくさんの患者さんが挨拶に来てくれる菅原を、僕は誇りに思います。
素晴らしくステキなスタッフに恵まれた僕は、幸せ者です。

退職後、菅原がさらなる活躍をするのは分かっています。
福岡でのスタートダッシュがうまくいくように、くだらない親心とともに、
12月7日(日)~9日(火)僕は福岡に行って菅原先生の開院準備をしてきます。

これが今の僕ができる最大の卒業記念プレゼントですからね。
マメな菅原なら、開院後も難なくクリアするのは分かっているんですけどね。

菅原がフルで整骨院にいるのはあと3日。
いつも通りに楽しんで治療をしていきます。
それまでは寂しさは横に置いておこう・・・。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ゼロから1にする。伝わらなければ価値はゼロ。<6.12フロリダ族セミナー>

人それぞれに価値はある。 でも伝えなければ価値は分からない。 伝え方を

速く走れるテーピング!運動会や体育祭で1番になっちゃおう!

テーピングで速く走れるようになります。 正しい骨格の位置にしてあげるこ

専門性はリスクなのか?多様性を認めると楽になります。

専門性、プロになるのは大切なこと。 多様性、マルチタスクも同時に大切な

本気で選手や患者さんと向き合う<サイモン式テーピングマスター・ベーシックコース第二期>

できれば薬は使いたくない。 どう対処していいのか分からない。 とりあえ

初心者OK!体験型テーピング講習やりますよ。

足が速くなる?柔軟性がアップする? 痛みがなくなる?歩きやすくなる?