*

痛いのは歳のせい?

こんにちは。サイモン山田です。
天気も良く、お出かけ日和ですね〜。
僕はこれから両国国技館。一日拘束です・・・。

さて今日のテーマは、

歳のせい、太ってるせいって本当?

saimon

患者さんによく聞かれることです。
「私の膝の痛みって太ってるせいなの?」
「私がなかなかよくならないのは、歳のせい?」

僕は痛みの原因に「歳のせい・太ってるから」これはまず言いません。
稀に言うこともありますが、滅多に言いません。

でも医者ではそう言われることが多々あるらしい。
それはそれでドクターの見識ですから、何も言うことはありません。

でも「それを言っちゃあお終いよ」だと思うんですね。
確かに年齢や体重で負荷がかかりやすくなって、痛みを作ることもあります。
でも原因の全てではないでしょう?
いろいろな原因があり、その中の一つが「年齢や体重」なんです。

僕の中では「年齢や体重」が関係するのは、ズバリ、
「回復力」
これは、年齢や体重に深く関係しています。

痛みが引きにくい、風邪が治りにくい、ケガが治りにくい、
これらは、年齢や体重は大きく関係しますからね。

一番上の文章にも書きました。
「私の膝の痛みって太ってるせいなの?」
これは違います。

もし太っているのが原因なら、太っている人は全員膝に痛みがないとおかしい。
太っているのは原因の一つではありますが、これ以外に原因は必ずあります。

「私がなかなかよくならないのは、歳のせい?」
これはなかなか難しい。

しっかり治療をしていても、回復に向け努力をしていても、20代と60代では回復力は違います。
年齢のせいでよくならないのは、回復力のせいなんです。

一つの原因で痛みが起こることはまずありません。
外傷(ケガ)の場合は、ハッキリした原因があります。
それ以外の痛みには、複数の原因が重なって出てきます。

それこそ「シナリオ」が必ずありますから。先日のブログでも書きましたけどね。

大丈夫です。
全くよくならない症状なんてありません。
年齢や体重のせい?それ以外にも原因はありますし。
大丈夫です。よくなりますから。

さて両国国技館に出発です!

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クチコミほど超効果的で、クチコミほど怖いものはない。

クチコミで患者さんが来院するのはありがたい。 でもクチコミは悪いことも

絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。