誕生日に毎年思うこと

こんにちは。サイモン山田です。
朝から雨が降っています。
恵みの雨なのか、涙雨なのか・・・。

さて今日のテーマは、

誕生日の意味付け

今日、11月1日は僕の41回目の誕生日です。
NYヤンキースの田中将大投手、卓球の福原愛選手、小倉ゆうこりん、故いかりや長介さん、キティちゃんも同じ誕生日。
キティちゃんは僕の一つ下なんですよ。つまり40歳です(笑)

そして今日は、菅原先生の最後の出勤日でした。
来週も何日かは来るけど、都合によっては今日が本当に最後になります。
菅原先生、お疲れ様でした!そしてありがとうございました!

ここ最近になって、誕生日に毎年思うことがあります。
それは「元気に産んでくれた親に感謝だな~」ってこと。
もちろんそれは思っているだけではなく、しっかり親に伝えていますよ。
最初は恥ずかしかったけどね。

初めて伝えたのは7年前。
その時は誕生日ではなく、独立開業を控え準備を進めていた時でした。
「こうやって独立開業ができるのも、元気に産んでくれた親のおかげだよな」と急に思ったんですよね。何故か。

僕は中学時代から片親で、母親に育ててもらいました。
ハッキリ言って裕福な家庭ではありませんでした。
そのためもあり、自立心タップリで、好奇心旺盛になったのかしら?
今となっては、そのシチュエーションすらありがたく思えるから不思議です。
だいぶオッサンになってきた証拠でしょうね(笑)

そう考えると、誕生日は「祝ってもらう日」というより、「自分を振り返ってみる日」であり「産んでくれた親に感謝する日」なんですね、きっと。

今はFacebookなど、SNS上からお祝いのメッセージがたくさん届きます。
日付が変わってから、続々とメッセージをいただきました。
皆さんありがとうございます。

患者さんや仲間からもお祝いの品をいただきました。
それだけでも本当に恵まれていると思います。

花1花2こんなに立派な花をいただけるのは、男でもめっちゃ嬉しいです!

誕生日は「単純に歳をとったな~」と思うこともあるけど、
それ以上に「ここまで元気に生きて来られてよかったな~」と思うこともできます。

「感謝の心が大切」なんて言えるほど、まだまだ人間ができていません。
ゴッドハンドでもなんでもありません(言ってもらえるのは嬉しい!)。
俗物ですし、欲にまみれております(笑)
だからこそここまで無事に生きて来られたこと、それってありがたいことだと本気で思えるんですよね。

明日からはたまたま連休です。
家族が何か計画しているらしいので、黙って乗ってみます。
こうやって考えてくれていること自体がプレゼントですよね。
本当にありがたいです。

今日くらいは、少しゆっくり今までのことを振り返りながら、
関わってくれている全ての人に感謝しながら過ごしたいと思います。

皆さん本当にありがとうございます!

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
プロ格闘技選手のトレーナーを15年務める。
現在は東京都某高校野球部、某大学女子バレーボール部のコンディショニングサポート中。
治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中。

テーピングの開発・販売・講習もしています。
(講習に関しては随時ブログにてお知らせしています)

スポーツ歴は中高生時バスケ、専門学校時に柔道、社会人になり格闘技(キックボクシング)をしていました。
修行期間13年を経て34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツは積極的にはできませんが、身体とメンタルの両面をサポートし、アスリートを目標達成へと導きます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket