「治療経験がなくても独立できるんだ・・・。」

こんにちは。サイモン山田です。
今日のテーマは「独立」について。

サイモン式テーピングセミナー・商品情報

saimon「治療経験がなくても独立できるんだ・・・。」
今日のタイトル、この文章の次に続くのはこの言葉。
「何か変なの。」
これは患者さんがつぶやいた言葉です。

僕の持っている資格「柔道整復師」ってこんな資格です。

「柔道整復師は、国家資格を取得すれば、
 治療経験がなくても、即独立開業できてしまうんです!」

今日、僕が言いたいのはコレ。だっておかしいでしょ???

僕は資格を取ってから約13年、治療業界に入ってから約17年で独立しました。
周りの人は「早く独立すればいいのに」と、評価してくれていた人もいました。

でも独立するまで時間がかかりました。
自分の技術に対しての自信の問題、金銭的な問題など理由はいろいろありました。
もちろんスタートは借金まみれ。今でもまだまだ絶賛返済中です(笑)。

独立した時は、カッコつけて言えば「満を持しての独立」。
でもハッキリ言ってカッコいいスタートではありませんでした。
カッコよくはないけど、独立まで時間がかかって本当によかった。

経験がなくてもスキルがなくても、柔道整復師は資格があれば独立できてしまうんです。
整体や民間療法的な院なら「お金さえあれば」、明日にでも独立できます。

自分のやることだから、独立したい人は独立すればいい。
でも僕は個人的には、いいとは全く思っていません。
そんな状態で独立して、本当に患者さんにいい治療ができますか?できませんよね。

ラーメンを作ったことがない人が、ラーメン屋をやって、美味しいラーメン作れるの?作れないでしょ。
そんな人、ダメ!ゼッタイ独立しちゃダメ!

「院が店がうまくいかなくて潰れるから」そんな理由ではなく、「患者さんやお客さんに迷惑だから」。
もっと言うなら、そんな人が独立して評判が悪かったら、業界に対しても迷惑なんです。
あの業界って、あんなもんでしょ。そう言われるのは目に見えています。

そんな状況だから、
「整骨院って、電気かけて、ちょっとマッサージしてもらえて、安く済むところでしょ。」
みたいに言われてしまうんです。

だって経験もスキルもないなら、それしかできないでしょ。
だから、ダメ!ゼッタイ独立しちゃダメ!

保険が使えるから、高齢者が多いから、カンタンに資格が取れるから、
そんな理由で、脱サラの人も、新卒者も山ほど業界入りしてきています。

そして安易に独立できてしまうんです。過当競争とか、そんなことは関係なく。
僕はこれではいけない、それは違うと思うんです。
インターンシップの充実とか、学校教育の問題とか、いろいろ解決すべきことはあるでしょう。

その前に、今独立している人のリテラシーを含め、治療家としてのあり方が問われているのではないでしょうか。
それをこれから資格を取る人たちや、若手の治療家に伝えていない、それ自体も問題なのでは?と思うんです。
ハッキリ言って、なめられてる。

この治療業界はもっと信頼され、もっと人の役に立てるはずだと思っています。
でも今のままの状況じゃ、整骨院業界の未来は明るくない。
経験がなくても独立できるなんて、全く患者さんのためになってないですから。

僕はコツコツと経験を積み、ある意味では失敗も重ね、諸先輩に叱られることも大切だと思います。
徒弟制度がいいとは思いませんが、そのくらいの気持ちでいかないとダメなような気がします。

僕ももっとしっかり発信しなくちゃ!と思います。一業界の人間として。
いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket