*

仲間の素晴らしさ、フロリダ族の真髄を垣間見た。

こんにちは。祝日の自宅よりサイモン山田です。
まだまだ余韻がたっぷり残っています。それはきっとアイツらのせいだ(笑)
もう卒業なのは分かっていてもちょっと寂しい。なんだかおセンチな僕です。

フロリダ族の真髄はつながりと温かさ。

フロリダ族ステップアップコース三期生が卒業講演を行いました。
よくよく考えてみればこの卒業講演はコースのカリキュラム外なんです。

族長かっちゃんの計らいで一期生から続けている卒業講演。
第三期の卒業講演が終わりみんなホッとしていることだと思います。

この卒業講演を振り返ると、本当の仲間とは「お互いのケツを蹴っ飛ばし合えること」なのかもしれないな。そんな想いを抱きました。

愚痴の言い合い、傷の舐め合い、ヨイショの連発。
業界だけでの集まりなんて僕が経験しているのはたいていこんな感じです。
こんなの本当の仲間じゃない。ただの体のいい業界の「お仲間」なだけです。

フロリダ族はみんなで言い合います。指摘もします。だから時に意見もぶつかります。
仲間だからこそ言えることもあるし、本気で考えているから言えることでもあるし。

0042901▲たくさんの人が講演を見に来てくれました。ありがとうございました!
これだけ応援してくれる人が多いって、みんなが愛されているんだね〜。

フロリダ族は優しい?温かい?

三期生のスタート時を想い出すと今があれだけしっかり出来ているのは練習の賜物かな?
最初は苦しかっただろうし歯がゆい思いもあったと思います。
僕も以前はそうでしたから、これはホントによく分かります。不器用で落ちこぼれ組の僕ですから。

でも必ずやり続ければ出来るようにはなるし、誰にでもいいところはあります。
これをさらけ出せるか?そして掘り起こせるか?そしてそれを伝えられるか?伝え続けられるか?

卒業講演はかっちゃんからの卒業プレゼントみたいなものです。
卒業してからがスタートで、卒業で満足してたらダメでしょ。
指摘し刺激し合える仲間、そしてお互いが応援し合える仲間がいるって心強いよね。

フロリダ族って優しいとか、温かいとか、面倒見がいいとかって言ってくれる人がいます。
サポートしている僕にとっては本当に嬉しい言葉です。ありがたいです。

だからあえて言いたい。「卒業した後が本当のスタートだ!」ってね。
仲間の後押しや叱咤激励は大切。それ以上に自分で行動することが一番仲間を刺激するんだから。

フロリダ族ステップアップコース、四期生も募集します。7月スタートの予定です。
まだ募集は開始してませんが何人かのエントリーはいただいています!楽しみだな〜。

そして。初の試み「ロマンチック・フロリダ族in下北沢」を5月17日に開催します。
フロリダ族でもあり役者でもありロマンチック野郎でもある「こくぶたかし」さんとかっちゃんのコラボセミナーです。
こくぶたかしさんのブログはコチラから。Twitterはコチラから。
これゼッタイに面白くなるよ。僕も当然参加します!

それまでに僕ももっと発信力をつけなくゃ!
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ

なんでSNSをやっているのかしら?理由はあるのかな?

理由もなくやっているからつまらなくなる。 誰かにやれって言われたからや

身体関係の仕事の人はマジメ。SNSをもっと使えばいいのにね。

身体関係者の人はマジメな人が多いです。 だからこそ自分をもっと表現した

悩みや迷いがある時の対処法を持っていますか?

目の前の人に貢献し続ければいい。 自分にはそれができるのだから。 持っ