*

いいのは分かった。で、どう使えばいいのよ?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
またまた台風が近づいてきてます。そろそろ東京も大雨になりそう。
こればっかりは仕方ない。自然ってそういうものですからね~。

カンタンに使えるのかどうか?それが問題だよね。

ブログをおサボりしていた週末&連休。
新しいテープをリリースして紹介してそのままにするとはね。
これじゃ本当にただの売り込みになっちゃうね。

先日のブログにはいろいろと反響がありました。
反響があるってことは見てもらえてるってことだし嬉しいですね。

Facebookの投稿、ブログの投稿だけで注文をいただいています。
ボクのことを信頼してくれてありがとうございます。
なのに欠品中。しかもちょっとしたトラブルでまだ手元に到着していません。
本当に申し訳ないです。

と同時に質問もいただきました。
多かったのは「どうやって使うの?」ということでした。
基本的には「気になるところに貼ればOK」なんですよ。
だから本当にカンタンに使えます!

薬事法の関係上効果効能については書けないので「患者さんの声」として、先日のブログで「声」だけ載せました。
今日は「ボクの使い方を」をサラッと書いていきますね。

膝の貼り方をご紹介します。
靭帯などに特に傷害はない。でもなんだか動かしにくいし、痛みもある。
そんな感じの症状の方ならこの貼り方を試して下さい。

0092001▲たったコレだけです。膝のお皿を囲むように4枚貼ります。
本当にコレだけでウソみたいに膝は動きやすくなるし、痛みも減りますよ。

「膝の回りに何枚か貼ったらプレー後も全く気にならなくなってもう最高!」
この類の患者さんの声は、この貼り方でいただいた声なんです。

これだけで良くなるなんてさ。
ボクの腕の見せ所がなくなっちゃうじゃんか。

とはちっとも思いません(笑)
だって良くなる、楽になる人が増えた方がいいじゃんね。

あえて言うなら「患者さんが来院しなくなるくらい楽にしたい」ってこと。
でもね結果的にはその方が「選んでもらえる」ってことなんですけどね。
ボクの話を聞いたことのある人なら理解できるとは思いますが。

早く納品してもらえないかしら。
待ち遠しいよ~。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クレームが起きない一番の理由

クレームが起きないのはお店側が優秀だから? お客さんが満足してくれてい

仕事に誇りが持てるか?

いざという時の助けになればいい。 最後の砦、駆け込み寺でいい。 どうし

失敗体験はみんなで共有することができる

成功体験はその人にしかできないことが多い。 失敗体験はみんなで共有でき

今の仕事が未来永劫あると思うなかれ

今の仕事は10年後にはないのかもしれない。 ゼロベースで考えたら何を仕

ハードの進化とソフトの進化、人間の進化。

ハードは毎日のように新しくなる。 それに合わせてソフトもアップデートし