*

やたらと怒る人。正義感タップリな人。何でだろね?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

やたらと怒る人に理由はあるのかな?

患者さんとの会話で、最近やたらと怒る人の話題が出てきたりします。

ボクも先日、病院内で看護師さんに怒鳴っているオッさんを見かけました。
周りはドン引きでしたけど、本人は収まりがつかないんでしょうね。
自分が「怒らないこと」を意識し出したせいなのかな?

その怒っている人、怒っている理由を客観的に見ていると、大した理由じゃないことがけっこうあるんですよね。
単純に虫の居所が悪かったとか、不機嫌だったとか、イライラしていたとか。
理由そのものがあって怒っているんじゃないように思えたりします。

何かが怒ることがあって怒っているというよりは、怒りたくて怒っているような感じさえします。
アドラーさん的に言えば怒ることが目的になっているような感じですかね。
仏教的に言えば自分を地獄に落としているような感じですかね。

ボクはもともと短気でした。
今は少しは気長になりましたけど。

怒りっぽいというよりは、要らぬ正義感を振りかざす。
そんなメンドくさいヤツでした。今はだいぶなくなりましたけどね。

それこそ先日の病院なんて朝9時半の予約なのに、呼ばれたのは14時半過ぎでした。
その間、看護師から一度だけ声をかけられました。
「あと一時間以上は待つことになると思うんですけど。どうされますか?」って。
あのさ〜。帰ります!ってわけにもいかないでしょうに。
聞き方あるじゃんか。まあ努めて冷静に返しましたけどね。

診察でも卒業を迎えたのはよかったけど、同時に担当の先生が変わっていました。
なのにそのタイミングで一発卒業(苦笑)。
まあ数値とか経過を考えればそれでいいんだろうけど。
この先生自体が第一印象で生理的に信頼できない感じ。
ここでも努めて冷静に返答し無事に卒業はしたけど、自分の直感(正確に言えば、妻の直感)を信じて新しい病院に行くつもりです。
怒っても何もいいことないし、状況は変わらないからね。

以前のボクならあっさりとキレていたかもしれない。
自分自身が予約制で仕事をしているからなおさらです。

17061201▲人は変わる時は一瞬で変われるんです。ボクのことを知っている人は信じられない人もいるでしょうけどね。
ハワイアンミュージックを聴いていると、怒ったり焦ったりすることは明らかに少なくなります。
なんか怒ることがバカバカしく思えたりします。これホントだよ。やってみて~。

怒らない方法はあるのか?

たくさん読んできた書籍や聴いてきた話と、実体験に照らし合わせて書くと。
怒らない方法はあります。
方法というよりはただ怒らなければいいだけ。
怒らないと決めてしまえばいいだけです。

それでもいわゆる怒るシチュエーションって実際問題としてあるものです。

そんな場合は?
怒る前にその起こった事実を相手に冷静に指摘すること。
イヤならイヤだと告げること。
おかしいことはおかしいと伝えること。
これは起きたことに対する指摘です。
感情は挟んでいない状況です。

怒るというのはいくら怒りたくなるようなシチュエーションであったとしても感情の問題になります。
それならば冷静に指摘することで避けられることもできるんじゃないかな。

ボクが怒らないようにすると決めたのは、怒るとココロがザワザワして後々の自分の気分が悪くなるから。
相手を思ってのことではありません。自分のことを思って怒らなくしただけです。

やたらと怒ったり怒鳴ったりしてる人って、ボクと同じくらいの年齢か、もしくはそれ以上の年齢の人が多いような気がします。

気のせいかしら?
みんなイライラしてるのかな〜?
なんてちょっと前のボクのことを思い浮かべながらとりとめのないブログを終わりにします。

ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、

お呼ばれされたら行きますよ!<埼玉で開催!第二回初心者OK!テーピング講習>

足が速くなる?柔軟性がアップする? 痛みがなくなる?歩きやすくなる?

ゼロから1にする。伝わらなければ価値はゼロ。<6.12フロリダ族セミナー>

人それぞれに価値はある。 でも伝えなければ価値は分からない。 伝え方を

速く走れるテーピング!運動会や体育祭で1番になっちゃおう!

テーピングで速く走れるようになります。 正しい骨格の位置にしてあげるこ

専門性はリスクなのか?多様性を認めると楽になります。

専門性、プロになるのは大切なこと。 多様性、マルチタスクも同時に大切な