*

お客さんへの「親切」の意味とは?

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。
比較的涼しい朝です。こんな感じだとラクなんだけどね〜。

説明の大切さ。

日曜日の朝。
息子が部活で朝早く出かけるのを駅まで送った後。
ボクは早朝散歩に行ってきました。

地元の鳩ヶ谷総鎮守 氷川神社。
今日23日は新月ということもあり行きたかったんです。

早朝ということもあり、人もほとんどいませんでした。
お詣りした後に境内でゆっくりのんびりさせてもらいました。
神様と会話できたような?そんな感じがしています。

その後、患者さんに聞いたことのある、地元の美味しいパン屋さんへ。
ここは「クリームパン」が絶品とのこと。

店先にも写真付きで大きく書いてありました。
夏のひんやりスイーツ。
「冷やして美味しい。まるでケーキのようなふんわりクリーム」
プレミアムクリームパン・160円
「店内でレジ・スタッフにお聞き下さい」
こんな感じだったかな。

いいじゃないの!
これは間違いなく美味しそう!
家にお土産に買って帰ろうっと!

そして店内に。
若干混雑していたので順番を待ってスタッフのもとへ。

ボク「クリームパン、ありますか?」
スタッフ「10時と14時に販売しますよ〜」
ボク「・・・・・」

もう二度と来ることはないでしょう。

▲店を出た直後のボク。かなりガッカリしました。
美味しいと評判なのにさ。なんなのよコレってさ・・・。

親切とクレーム。

ボクは直感的に思いました。
・最初から販売の時間を書いておけばいいのに
・店に入らせて他のパンを売ろうとしてるね
・お店は評判にあぐらをかいてるね
・スタッフは面倒臭がってるな
・何回も同じことを聞かれているんだろうな

たぶん美味しいんでしょう。
本当に地元でも評判なんだと思います。
でもボクはもう行きません。
だって美味しいだけのお店なんていっぱいあるから。

これクレームがおきても仕方ないよね。
ボクはそれくらい「説明不足」だと思います。

なぜかというと「期待値」が高くなっているからです。
だから余計に説明不足が際立ってしまうんです。

これじゃ〜ね〜。
夏のひんやりスイーツ。
「冷やして美味しい。まるでケーキのようなふんわりクリーム」
プレミアムクリームパン・160円
「店内でレジ・スタッフにお聞き下さい」

ボクが書くなら。
夏のひんやりスイーツ。
「冷やして美味しい。まるでケーキのようなふんわりクリーム」
美味しく食べていただきたいので、販売時間は10時〜・14時〜の2回にしています。
大人気のパンですので売り切れの際はゴメンナサイ。
ぜひこの新食感を体験していただきたいです!
ご不明の点はスタッフに声をかけて下さいね。プレミアムクリームパン・160円

こんな風に書いたら、分かりやすい。
期待値も高くなるけど、買える買えないはハッキリ分かる。
スタッフだって何回も同じ説明はしなくていいしね。
これで並んで買って食べたら美味しさも倍増するんじゃないかな。

ボクが思うに。
これって売上をアップさせるためだけではないんです。
これが商売をする上での「親切」だと思うんですよ。

上の文章で言うと。
赤字がスペックに近いのかな。
緑字はPRしたい部分になります。
青字はある意味マイナス情報です。

これらがバランスよく書いてあれば分かりやすいでしょう。
文章をしっかり読めば、間違えて「クリームパン」を求めにくることはなくなると思います。

ただこうやって書くと「クリームパン以外」は売りにくくなるのかもしれません。
だからあえてあいまいに書いているようにしかボクには見えないんです。

でもそれが「クレーム」につながってしまうことがある。
「なんだよ?スタッフに聞けって書いてあるじゃん!」
「だったら最初から販売時間を書いておけよ!」
そう思う人が少なからず出てくるとボクは思ってしまいます。

自宅に帰り一連のことを妻に話しました。
「あそこ、スタッフの対応が悪いって評判だよ」
「美味しいらしいけど、だから私は買いに行かない」

あらら。違う理由だけど、やっぱり選ばれていません。
「美味しい」のに、スタッフで、説明不足で選ばれない。
ボクの思っていた通りでした。

もちろん気に入っているお客さんもいます。
だから店内が混雑していたわけですしね。
ボクや妻が「イヤ」「好きではない」というだけでね。

説明って大切。スタッフ対応って大切。
身に沁みた朝でした。
ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
カラダは勝手に治るようにできている。

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 今日は比較

他人と比べるより、自分を活かそうよ。<サイモン式おせっかいシリーズ⑪>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 勤労感謝の

業界関係者以外と付き合おう!<サイモン式おせっかいシリーズ⑩>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 雨が降り出

業界の常識、一般での常識。どっちが常識?<サイモン式おせっかいシリーズ⑨>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 毎日寒いね

センスを磨くためには?そもそもセンスって何だろう?

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 今日はエク