SNSをやらないのは「困っていない」からだ。

自分の考えを誰に聞いてもらう?
プレゼンの機会なんてあるの?
だったらせめてブログ書けばいいじゃん。

やるかやらないかは本人次第だ。

今回は完全に私見全開で書きます。
いつもそんな感じですけどね。

藤村先生のブログを見て。
「SNSはやらなくてもいいって最近思う」

かっちゃんの見解をブログで見て。
「あなたは茹でガエル?それともど根性ガエル?」

その他の方々のブログで反応を確認して。
※お二人のブログはリンクしてあります。

遅れているのは治療業界だけじゃないんだ。
というかほとんどの人は「気づいているのに」やっていないんだ。
そう実感、を通り越して痛感しました。

今年に入りほぼ毎日ブログを更新しています。
本来ならもっと当たり前のように書くべきでした。

ちょっと自分に甘えてしまっていたんですね。
年明けから心機一転、書き綴っています。

ブログの反応は明らかに以前より減っています。
読んでもらえなくなっているってことです。

だからって書くのをやめちゃった方がいいのか?
読んでもらえなくなっているかどうかではなく、自分の考え方や想いを書き続けることって「資産」にもなるって思います。

そして少ない人数だとしても読んでくれている人はいます。
楽しみにしてくれている人もいれば、多少なりとも『読むクスリ』になっていることだってあるんです。

▲まあダムの話を書いた時は圧倒的に反応が薄いんだけども。それもボクの一部分ですからね。こればっかりは仕方ない(笑)

時代の流れに少しでも追いつくために。

技術があれば来院してもらえる。

もうすでにそんな時代ではありません。
このブログでも何度も書いてきました。

もちろんSNSで発信していれば来院してもらえる。
そんなわけでもありません。

SNSをやらない治療家はその辺りを勘違いしているんじゃないかな。
それとただ単純に現状では「何も困っていない」だけなんじゃないかな。

激変しているこの時代に「次の手」は常日頃から考えておかないと。
いまだに「セミナーに参加してきました」とか「〇〇の講習をやりました」って誰が見るのかな?

 

技術は言うまでもなく大切です。
同時に治療家個人の考え方や想い、それも同じくらいに大切なんです。

技術は施術を受けてみないと分かりません。
しかも自分に合うかどうかなんて、もっと分かりません。

それでも考え方や想いは少なからず分かってもらえるでしょう。
もしそれが伝われば、来院するきっかけにもなるんじゃないかな。
ボクはそう考えています。

ウザくて、アツくるしい、このブログも然りです。
読んでから来院してくれる「紹介新規」の患者さんがどれだけ多いことか。

こんなブログだって判断材料のひとつになります。
そして少しでも伝わっていれば、治療結果はいい方向に出ます。
経験上、間違いありません。

 

施術をしている治療家はもちろんのこと。
マネージメント側に回っている治療家だって同じことです。
双方が発信した方が断然いいに決まってます。

それでもやらないのは「困ってないから」だろうね。
藤村先生のおっしゃる通りだ。そう思います。

そしてトップがやらないと、スタッフはやりませんから。
トップは困っていない以上に「スタッフをどうやって動かすか?」こればっかりです。

そんなセミナー案内、そんな講習案内ばっかりですから。
SNSの話なんて、これっぽっちもありません。
やってすぐに売上が上がるわけじゃないからね。
美味しそうな話に見えないんでしょうけどね。

だからやっている人が目立つようになります。
結局はそれだけのことなんじゃないかな。

 

もうすぐ4月です。
前にも書きましたが整骨院業界にとっては激変のはじまりです。

ボクは変わらないな。準備してきたからね。
そしてこのブログも変わらないな。
毎日、全力で書き続けるだけです。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket