*

技術は説明も含まれるのでは?

こんにちは。サイモン山田です。
秋晴れです。運動会日和です。
今日は子供たちの運動会の応援をしてきました。
たくましく育ってくれてありがとう!

さて今日のテーマは、

治療における説明について

最近はまたまた紹介からの患者さんが増えています。
紹介して下さっている方に感謝です。
初診時の問診で気づくことがいろいろあります。
他の治療院や整骨院に通われていて、紹介でウチに来院されるケースの場合で多いのがコレです。

僕「通われていた所では何て言われていましたか?」
患者さん「特に詳しく説明は受けていないです…」
コレ、本当に多いんです。

いろいろ角度を変えて質問していくと、治療自体には不満はあまり感じていないことがけっこうあります。
ではどうして、ウチに来院するのかしら?
それは紹介してくれる方が「やまだ整骨院は、ちゃんと症状を詳しく説明してくれるよ」と言ってくれているらしい。
ということは?患者さんが求めているのは治療技術ではなく「今のカラダの状態の説明」なのかもしれません。

技術は説明も含まれるのでは?

僕にとって治療技術と言う時「患者さんに対しての説明」も含まれています。
だから僕にとっては、説明するのは当たり前だと思っています。
他院の全てが説明していないとは思いませんが、説明に重きを置いていない院が多いのかしら?
もし説明していたとしても、患者さんに伝わっていなければ、説明していないのと同じことなんですけどね。

専門用語を使わずに、患者さんに分かりやすく説明していくのは、手間がかかる部分も多いのは否定しません。
でもこれをおろそかにすると、自然に患者さんはいなくなります。
クレームもなく、不満も言わず、自然にいなくなる…。
これが一番怖いと思いませんか?

これは僕たちの業界だけではないはずです。
お客さんに直に触れる仕事なら、全て当てはまると思います。
詳しく説明したとしても、いただく金額には変わりはありません。
説明する時間を省けば、その時間を次のお客さんや患者さんに当てられるし、その方が効率がいいのも確かです。
いわゆる「早く回す」ということです。

だから「選ばれなくなる」んです。
手間がかかることをあえてやるから、結果的に選ばれるようになります。
予約制にしていても、待たせてしまうこともあります。
それは本当に申し訳ないのですが、それを大事にしなくなったら、
僕にとっての「最高の治療の提供」ではなくなってしまいますからね。

まとめ

これだけ過当競争になり、価格破壊が起こり、飽和状態の業界です。
理美容関係もそうだし、歯医者さんもそうです。
それでも「選ばれ続ける」には、販促だけでは難しいと感じています。

言うまでもなく販促は大切。
その根っこにある「当たり前のこと」がどれだけ手間をかけてやり続けられるか?
これが試されていると思うんです。
治療哲学と言ったら大げさですが、そのくらいの心意気でやらないと、本当に選ばれなくなります。
コレ、長くなりそうなので、続編を書こうかな。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
行動を起こせなくなる理由はなんだろう?

他人の目を気にしているから。 自分の内なる声を蔑ろにしているから。 や

人に興味を持つためにはどうすればいいのだろう?

自分との共通点を見つけること。 何か貢献できることを探すこと。 人は基

望む未来を作り出すために

望むことを五感でイメージすること。 一緒に共有する仲間を持つこと。 あ

今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく