*

新しいことを想像し創造するワクワクは人が連れてくる?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今にも雨が降り出しそうな東京です。
水不足が心配なので、栃木&群馬に雨が降ってくれないかな~。

言い続け、やり続ける。チャンスは巡ってくる。

今ちょっと取り組んでいることがあります。
それはテーピングの効果の出し方についてです。

関係者からとあるテーピングを与えられ、そのテーピングに対しての貼り方を考えてくれ。という感じです。
うーん。。。このミッション面白い!やってやろうじゃないの!

ボクは基本的にこの5cm幅のテーピングで、全ての症状に対してのアプローチをしています。
だからこの類のどんな依頼でも受けられる、というか答えを出す自信はあります。

正直に言うと、こういうの面白くて仕方ないんです。ワクワクが止まらないんです。
この自分が試されている感覚と、新しい貼り方を想像し創造している時間はタマラナイ!

0062901▲このセミナーで話す内容も全てこのテーピングだけでやります。
 こんなことできんのかよ!って思ってもらうことも醍醐味です。
 まだまだネタはいっぱいあるのでね。。。

コレってどんなことでも、誰でも同じ。

ボクはテーピングが面白くて仕方ないのですが、他の人でも同じような感覚ってあるんじゃないかな。
仕事に絡もうが絡むまいが、何かしらあるとは思うんです。

ただそれを発信しているか?結果を残しているか?伝えているか?

これをしているかどうかで、ワクワクが勝手にやってくるかどうかが決まるような気がしています。
しかもこのワクワクは一人で勝手にできることではなく、誰かがそれを連れてきてくれるんですね。

ボクは基本的にはただの治療家のオッチャンです。
そのオッチャンにワクワクするようなオーダーがくる。
これが今の時代の、SNS時代の面白いところなんじゃないかな?

よくSNSで耳にする言葉。。。
「書くことがない」なんてウソ。書く気がないだけです。
「時間がない」なんてウソ。時間を割く気がないだけです。
ボクはそう思っています。

やらない言い訳なんてそれこそ腐るほどあります。
でもやる理由、やり続ける理由はなんてあまりないんですよね(苦笑)
やりたいから、楽しいからやってるだけかもしれない。

だからやった人にだけ面白いことが起きるようになっているんです。
コレだけは間違いないです。

あ~。面白いんだけど。。。時間がない!
どうにかしてもっと楽しいことに集中したいわ~。
ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ