*

※あくまで個人の感想です。はもう通用しない。

こんにちは。テーピングマスター・サイモンこと山田敬一です。

各業界を揺るがすネタになる予感

最近になって消費者庁が動き出しています。
やっとというか、当たり前のことをやってくれるようになったというか。

小顔矯正、美顔矯正、姿勢矯正、猫背矯正。
これら全て「景品表示法違反」です。

以前からず〜っと言っているんですけど。
矯正なんてできませんからね。

そして写真でのビフォー&アフター。
一体どれだけの人数を施術しているのでしょうか?
どのくらいの割合でうまくいき、反対にうまくいかなかった人の割合は?
何故うまくいった人と、うまくいかなかった人の差が出ているのか?

これらを明確にしなくちゃいけなくなりました。
ボクはビフォー&アフターがそもそも好きではありません。
というのは、人それぞれカラダには特徴があり、ボクの施術でうまくいくかどうかはしっかり診た上でないと判断できません。
だからアフターの写真を見て「私もこうなれる!」と思わせてしまう事自体がナンセンスだと考えているからです。
エビデンスもしっかりさせろとのことですから、なおさら難しくなるんじゃないかな〜。

そして「個人の感想です」がダメになりました。
これは治療業界ではそれほど影響は少ないのかもしれません。
健康食品業界や健康関連の通販&ショップは大打撃になるんじゃないかな〜。
紙媒体でもWebでもテレビ通販でも、ほぼ例外なく「個人の感想です」ですもの。
永江一石さんのブログにけっこう詳しく書いてありました。

この状況だと大会社しかもう広告宣伝はできないね〜。
しっかりした対策をするにはそれなりに資金もかかってしまいますから。
ボクみたいに個人でやってるところは厳しいですね。

▲お客様個人の感想です。は免罪符のような文言でした。
打ち消し表示が使えなくなると今後のコピーライティングはどうなるんだろうか?
※写真はブログの内容と直接の関係はありません。

だからこそSNS時代なのかもしれない

一時期「ステマ」なるものが流行りました。
芸能人が「この化粧品でキレイになりました」ってな感じでブログを書いて商品を紹介していたアレです。

あの芸能人が使っていてあんなにキレイになっているんだから私も買ってみようかしら?
と思うのは自然の流れでしょうね。
だからこそタチが悪かったわけです。

アフィリエイトも難しくなるんでしょうね。
商品の紹介自体が「ブロガー個人の感想」という側面がありますから。

ということは?
従来のマーケティング手法がことごとく使えなくなる可能性があるってこと。

だから関係性をはじめとした「ゆるやかなつながり」が重要になるんです。
ステマでもアフィリでもなく、知っている人からのクチコミや紹介。
これなら景品表示法も、薬事法も、何も関係ないわけです。

反面、しっかりとブログを書くこともより重要になるだろうし、常日頃からFacebookやTwitterなど情報発信や交流をしていないと、クチコミも紹介も何も起きなくなってしまうわけです。

何ともエキサイティングな時代の到来です。
当たり前にいいものを作り続けている人に、個人でもしっかり頑張っている人にスポットライトが当たりやすくなるんじゃないかな。

ただPRがうまい、宣伝がうまい、お金もかけている。
これの正反対をし続けない限り、継続してうまくいくことはなくなるんじゃないかな〜。

愚直に地道にコツコツとSNSを使い続けること。
たぶん治療業界でも通用する考え方だと思います。

ボクもやり続けているから何となく分かっています。
あとはやるかやらないか、だけです。

その裏側に確固たる「施術技術」「正確な見立て」があるかどうか?
これがなければ本末転倒ですからね。

うん。ボクには間違いなく追い風だね。
今まで通り真摯に真剣に、治療を通じて患者さんを応援します。
ではまた。

 

というような施術スタイルを知りたくありませんか?
現在募集中のセミナーはコチラから。
「サイモン式施術能力アップセミナー」
9月10日よりスタートです

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え